実践編・応用編

キャリアコンサルタント実践の要領 83 | テクノファ

投稿日:2021年6月26日 更新日:

このコーナーは、テクノファのキャリアコンサルタント養成講座を卒業され、現在日本全国各地で活躍しているキャリアコンサルタントの方からの近況や情報などを発信しています。今回はM.Iさんからの発信です。

私がキャリアコンサルタントとしての活動を通して感じていることについてお伝えすることの第二弾です。今回は大学とのかかわりについて書いていきます。一般的に、大学でキャリアコンサルタントが担っている役割としては、
*キャリアセンター等で学生たちを対象にした相談業務
*キャリアデザイン科目等の講師
といったものが主な分野になるのではないでしょうか。

私は地元の私立大学で非常勤講師を担当させていただいています。そもそものきっかけは、導入レベルのキャリアコンサルタント養成講座で大学の教授と出会い、大学における学生たちのキャリア開発支援に関する現状や課題をお聞きする機会があったことでした。その時は「いつかお役にたてることがあれば、連絡ください」くらいのことで終わったのですが、数年後、学外にサテライトオフィスを設置するということでご連絡をいただきました。

そこでは、卒業生を対象に就職活動、離転職の相談などを中心にした担当しました。
このオフィスでの3年間でたくさんの卒業生と出会い、それぞれの現実や思いに触れながら、地方都市でキャリアコンサルタントとして活動していく上で必要なことにも気づくことができ、その後の実務上のヒントにもなっています。

またサテライトオフィス勤務3年目からは、大学におけるキャリアデザイン科目のうち「コミュニケーション力育成」「社会人の仕事術」という二科目の講師も務めさせていただくことになりました。私は学生時代に高校の教諭を目指していた時期もあり、いつか教壇に立てたらという漠然とした思いはあったのですが、まさか、キャリアコンサルタントとして大学の非常勤講師を務めることになるとは想像もできない出来事でした。

大学の講義はシラバスに基づいて進んでいきますが、それぞれの講義の事例や資料、ワーク等の内容については任せていただき、日ごろから考えていた「学生として身につけて欲しい能力」に気づき、習得できるような内容を心がけ取り組んでいきました。

特に伝えていきたい内容は「内的キャリア」「自己決定・自己責任」といった考え方をベースに置き、学生時代に取り組んでほしいキャリア開発についてのものでした。

解説や個人作業、グループワークを通しての対話式の講義は、学生たちにとって未経験の部分が多く、新鮮な驚きを感じた学生も多かったようです。当初は、全く未経験な大学での講義に慣れず、戸惑うことも多く、学生たちとも十分な交流ができたかは自信がありませんでしたが、後日色々と感想を教えてくれた学生もいて、卒業後もSNSなどを通して繋がっています。

現在は教員を目指す学生を対象にした「職業指導」の講義も担当しており、彼らが実際に教育現場で実施していくキャリア教育についても、更に研究していく必要性を感じています。その点では、NPO日本キャリアカウンセリング研究会で行われている大学での実務者同士での交流は貴重なものです。他の方々の実践例をお聞きすることもあり、その背景や大学での環境、学生たちの生の様子、抱えている課題など話題が尽きることがありません。

講義における学生とのやりとりやテーマ設定等についてのヒントを得ることも多いです。やはり、同じ立場の専門家同士で交流することが、とても重要なことだということを実感します。大学内においても、他の先生方や職員の皆さんへもキャリア開発の重要性と可能性について伝え、広げていくことが今後の課題にもなっていきそうです。

また、企業の経営や人事に携わっている方々との交流もありますので、教育現場の様子を伝えたり、教育現場への要望をお聞きしたりすることも増えてきました。偶然にも教育現場と社会との間をつなぐ場所に立っていることもあり、今後は今の立場で地域におけるキャリアコンサルタントとしての役割を見つけ、果たしていきたいと思っています。
(つづく)K.I

-実践編・応用編

執筆者:

関連記事

キャリコンサルタント実践の要領 66 | テクノファ

このコーナーは、テクノファキャリアコンサルタント養成講座を卒業され、現在日本全国各地で活躍しているキャリアコンサルタントの方からの近況や情報などを発信しています。今回はM.Iさんからの発信です。 企業からの相談案件に【評価】を巡るものが増加傾向にあります。前回のメルマガに引き続き【評価】について考えてみます。前回は【時間軸】を通して評価の目的を見てみました。 今回はそれぞれの欲求と評価との関係を見てみようと思います。 欲求については「マズローの欲求5段階説」が広く知られています。 人の欲求は下位のものから「生理的欲求」→「安心・安全欲求」→「社会的欲求」→「承認欲求」→「自己実現欲求」と5つの …

C型肝炎ウイルス感染被害者の救済 | テクノファ

新型コロナウイルス感染症は、私たちの生活に大きな変化を呼び起こしました。キャリアコンサルタントとしてクライアントを支援する立場でこの新型コロナがどのような状況を作り出したのか、今何が起きているのか、これからどのような世界が待っているのか、知っておく必要があります。ここでは厚生労働省の白書からキャリアコンサルタントが知っておくべき情報をお伝えします。 3 「C型肝炎救済特別措置法」に基づくC型肝炎ウイルス感染被害者の救済 出産や手術等の際に使用した血液製剤に含まれていたC型肝炎ウイルスに感染した者 に対しては、「特定フィブリノゲン製剤及び特定血液凝固第Ⅸ因子製剤によるC型肝炎感染被害者を救済する …

キャリコンサルタント実践の要領 61 | テクノファ

「キャリアコンサルタント実践の要領58」に続きキャリアコンサルティング協議会の、キャリアコンサルタントの実践力強化に関する調査研究事業報告書の、スーパービジョンのモデル実施及びアンケート・実施報告書の分析の部分の、キャリアコンサルティングの効果に係るアンケート(スーパーバイジー:キャリアコンサルタント)の結果から記述します。 ②キャリアコンサルティングの効果に係るアンケート(スーパーバイジー:キャリアコンサルタント)の結果 スーパービジョンのモデル実施に係るアンケートに基づき、スーパーバイジー(キャリアコンサルタント)の回答に関して結果を示す。 本集計結果を理解する上で、以下の点に留意する必要 …

キャリアコンサルタント実践の要領 94 | テクノファ

これまで説明してきた、多様で柔軟な働き方を推進する制度・施策、サポート環境の整備に伴い、人々の働き方、生活はいままでにも増して多様化し、キャリアコンサルタントの活動の場が広がると同時に、多様化する課題に対する実践力等の資質向上が求められています。 厚生労働省では、令和3年6月に「働く環境の変化に対応できるキャリアコンサルタントに関する報告書」を公表し、キャリアコンサルティングの普及促進とそれを支えるキャリアコンサルタントの実践力等の資質向上などについて提言を行っています。その内容を構成労働省資料から説明します。 https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_19202. …

キャリアコンサルタント実践の要領 82 | テクノファ

前回に続き、キャリアコンサルティング協議会の、キャリアコンサルタントの実践力強化に関する調査研究事業報告書の、組織視点を組み込んだキャリアコンサルティングの役割り拡大に対応するスーパービジョンについて説明します。 (2)OJTからOJDへの流れに伴う現場での一歩の踏み出しと役割り作り このようにキャリアコンサルタントは、個々の従業員の現場における活動を通したキャリア開発と形成に対応する力の発揮が重要である。それでは従来の教育部門が担当していた OJT や階層別研修といった研修プログラムを理解し、実践することを中心としてキャリア開発と形成を検討することで十分であろうか。OJTとはそもそも、現場で …