実践編・応用編

キャリアコンサルタント実践の要領 56 | テクノファ

投稿日:

前回に続きキャリアコンサルティング協議会の、キャリアコンサルタントの実践力強化に関する調査研究事業報告書の、スーパービジョンのモデル実施及びアンケート・実施報告書の分析の部分の、アンケート・実施報告書等の集計の概要を説明します。

キャリアコンサルテイング協議会のキャリアコンサルタントの実践力強化に関する調査研究事業報告書は、既存のスーパーバイザー養成等の実態把握を報告しています。キャリアカウンセリング協会、日本キャリア開発協会、日本産業カウンセラー協会、テクノファ、日本産業カウンセリング学会及びキャリアリソースラボにおける取組や、またキャリア心理学研究所代表の宮城まり子氏によるキャリア支援におけるスーパービジョンの実施についての、発表及び意見を、事業の目的を踏まえた共通項で整理し事業報告書としてまとめたものです。

(2)アンケート・実施報告書等の集計の概要
①相談者アンケートの集計概要
相談者アンケートの回答は50件(同一相談者からの複数回答あり)
キャリアコンサルタントアンケートの集計概要
キャリアコンサルタントアンケートの回答数は41件。
スーパーバイジーアンケート記述欄(一部を抜粋して掲載)

※表記の注意:「sv」はスーパービジョンを表します。
「CL」、「クライエント」、「クライアント」は全て「相談者」を表します。
「バイジー」、「SVee」は全て「スーパーバイジー」を表します。
「バイザー」、「SVor」は全て「スーパーバイザー」を表します。
「cc」は「キャリアコンサルタント」を表します。

[1]スーパービジョンに期待していた事
「キャリアコンサルティングの構成とクロージングの方法」「コンサルテイングの展開方法」 等、コンサルテイングやカウンセリング等のスキル向上に関する期待や「客観的評価」「客観的にカウンセリング・スキルやプロセスを評価・指導を頂くこと」のように「客観的評価」等の言葉が散見された。

[2]スーパーバイザーに対する印象
スーパーバイザーがスーパーバイジーとの「関係構築」を行った上でスーパービジョンを実施したことが伺える記載や「安心感」「丁寧」等の言葉が散見された。

[3]スーパービジョンを受けての感想
「自己理解が深まった」「定期的に評価・指導を受けることが大切」「自身では気づけなかった効果を知ることができ、気づきが多かった」「課題が言語化され、課題が明確になった」「面談への自信がついた」等、ほとんどが肯定的な回答だった。

③スーパーバイザー実施報告書の集計概要
スーパービジョンモデル実施ごとに「スーパーバイザー実施報告書」にて「今回のスーパービジョンに関し、「スーパーバイジーはどのように受け止めているか」に関し、「振り返り」を求め、5件法で集計した。回答数は43件。

スーパーバイザー「実施後アンケート」記述欄(一部を抜粋して掲載)
スーパービジョンモデル実施について

[1] SVモデル実施に活用した理論、知識、情報、ツール
「人事制度」「人事施策」「株主向けレポート」「人事評価の動向」「業態知識」「業界情報」「社風理解」等、担当する組織等の情報を事前に収集し、モデル実施に臨んだことが伺える言葉が散見された。

[2] SVモデル実施に活かした能力・スキル
ほとんどのスーパーバイザーが「キャリアコンサルティング能力」を挙げていた。他には「指導力(能力)」「コーディネート力」「概念化」等の言葉が散見された。
(つづく)木下 昭

-実践編・応用編

執筆者:

関連記事

キャリアコンサルタント実践の要領 94 | テクノファ

これまで説明してきた、多様で柔軟な働き方を推進する制度・施策、サポート環境の整備に伴い、人々の働き方、生活はいままでにも増して多様化し、キャリアコンサルタントの活動の場が広がると同時に、多様化する課題に対する実践力等の資質向上が求められています。 厚生労働省では、令和3年6月に「働く環境の変化に対応できるキャリアコンサルタントに関する報告書」を公表し、キャリアコンサルティングの普及促進とそれを支えるキャリアコンサルタントの実践力等の資質向上などについて提言を行っています。その内容を構成労働省資料から説明します。 https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_19202. …

キャリアコンサルタント実践の要領 59 | テクノファ

このコーナーは、テクノファキャリアコンサルタント養成講座を卒業され、現在日本全国各地で活躍しているキャリアコンサルタントの方からの近況や情報などを発信しています。今回はS.Sさんからの発信です。「イジメ問題」は、今や深刻な社会問題です。社会的に注目が集まっていることもあって、学校教育現場におけるイジメの発覚については特に神経質になっているようです。。 ー「文化的盲点の反映としてのイジメ」ー 「イジメ問題」は、今や深刻な社会問題です。社会的に注目が集まっていることもあって、学校教育現場におけるイジメの発覚については特に神経質になっているようです。 イジメはいけない! イジメを許さない! イジメを …

キャリアコンサルタント実践の要領 155 | テクノファ

新型コロナウイルス感染症は、私たちの生活に大きな変化を呼び起こしました。キャリアコンサルタントとしてクライアントを支援する立場でこの新型コロナがどのような状況を作り出したのか、今何が起きているのか、これからどのような世界が待っているのか、知っておく必要があります。ここでは厚生労働省の白書からキャリアコンサルタントが知っておくべき情報をお伝えします。これからキャリアコンサルタント養成講座を受けようとする方、キャリアコンサルタント国家試験を受けようとする方、キャリアコンサルタント技能試験にチャレンジする方にもこのキャリアコンサルタント知恵袋を読んでいただきたいと思います。 2.最低賃金制度について …

キャリコンサルタント実践の要領 78 | テクノファ 

前回に続き、キャリアコンサルティング協議会の、キャリアコンサルタントの実践力強化に関する調査研究事業報告書の、組織視点を組み込んだキャリアコンサルティングの役割拡大に対応するスーパービジョン補章を説明します。 第四節では、さらにその個人視点と組織視点の調整統合の活動をとりあげまとめている。具体的には(1)個の自律の個性化支援が組織からの期待や要請に対応することの必要性をとりあげ、これを個人視点対応と組織視点対応の調整支援という視点でまとめている。次に(2)新たなパフオーマンス開発としてのMBO-Sを組織視点対応支援としてまとめている。さらに(3)セルフ・キャリアドックとその他の援助を組織視点対 …

キャリアコンサルタント実践の要領 100 | テクノファ

キャリアコンサルタントが、個人あるいは個人を取り巻くもの(企業、就職支援機関、教育能力開発機関、地域、家族など)に対して適切なキャリアコンサルティングを行うには、キャリアコンサルタントに係る制度・施策や、関連する情報などについて最新で正確な情報を有していることが求められていますが、キャリアコンサルタントに直接かかわる制度・施策に関する情報や、制度・施策を利用するためのサポート情報の他にも、キャリアコンサルタントに係ると思われる社会経済動向に関して、常に最新の情報を基にキャリアコンサルティングをすることが求められています。 今回は前回に続き社会経済動向に関する情報として厚生労働白書について説明し …

2022年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031