実践編・応用編

キャリアコンサルタント実践の要領 49 | テクノファ

投稿日:

Aさんの「キャリコンサルタント養成講座」受講奮闘記をお伝えします。「キャリコンサルタント実践の要領 24」に続くキャリコンサルタント養成講座8日目からの話です。

Aさんは中小企業に勤めている小学生と4歳半の子供をもつ女性ですが、ある事をきっかけに「キャリコンサルタント」という資格を知りました。厚生労働省の国家資格であること、企業の中で人間関係の相談に乗ってあげられる力を付けられることなどを知り、どこかの「キャリコンサルタント養成講座」を受けたいとNetで多くの「キャリコンサルタント養成講座」を調べました。
その結果テクノファの「キャリコンサルタント養成講座」が自分に合うのではないかと思い、3か月にわたる12日間「キャリコンサルタント養成講座」講座を受講することに決めました。決めた理由は16年の「キャリコンサルタント養成講座」の歴史と「組織と個人の共生」ということにありました。

Aさんの受講も8日目になりました。

【8日目 キャリアコンサルティング演習(グループワーク)】
8日目には演習の2つめのグループワークを行います。
キャリアコンサルティングは、基本は1対1で行うものですが、実務の現場では、集団に対するコンサルティングをする場面もあります。その点を踏まえた上での8日目の学習になります。講義を経てこの日は何よりもグループワークによって、集団での活動の意味を理解してもらうと共に、集団におけるコミュニケーションの大切さを体験によって得ていただきます。
まず自己紹介を兼ねて参加者全員に「好きな数字、気になる数字」を紙に書いてなぜ好きなのかを1,2分で説明するように講師から求められます。
Aさんは紙に大きく8と描き、「18高校生、28出会い、38別れ」と8のつく歳にエポックメイキングに事柄を書きました。

次のことを考えました
・ロジャーズのグループ
・Aさんの企業における体験
・AさんとBさんの簡単な説明の理解程度の確認ワーク

ー子供のころ好きだった科目
-大切にしていること
-失恋した友達に一言

【9日目 キャリアコンサルティング演習 つづき】
いよいよ9日目はカウンセリング実習です。とはいえ、いきなり実習といっても厳しいものがありますからその前にしっかり講義の時間をとっています。

第一のテーマは「傾聴」です。傾聴に関する世の中の誤解をまずはバッサリ。カウンセリング(コンサルティング)を多少学ぶとできるようになってくる、コミュニケーションにおける聞き手の立場として「うなづき」、「オウム返し」。これができるようになれば傾聴ができていると言えるでしょうか。

【10日目 キャリアコンサルティング演習 つづき 】
この日も実習の前に講義から入ります。コンサルティング実習の3日目(全体の9日目)までは主としてクライエント側の立場に立つことを学んできました。

問題(悩み)を解決する主体はクライエントであり、クライエントの気づき、内省を深めるためにカウンセラー(コンサルタント)の存在意義があるわけですが、それだけでは不十分です。ではそのために誰が何をする必要があるのでしょうか。

それはカウンセラー(コンサルタント)がクライエントの状況をアセスメントして問題を見きわめ方向づける、ことなのです。ある意味それはキャリアアドバイスです。世の中ではキャリアコンサルティングと言えばこのキャリアアドバイスと同義のようにとらえられる部分がありますが、私たちはそれでは全く不十分と考えて講座をずっと運営してきています。キャリアコンサルティング技能士試験も2級、1級とありますが、単にキャリアドバイス的な対応力しかない方は残念ながら合格レベルとは言えません。だからこそ私たちの講座ではまずクライエント側に焦点をあて、その上でキャリコンサルタント側の立場の勉強をそれに加えていきます。ここは他の講座との大きな違いと思っています。他の講座ではキャリコンサルタント側から入り、クライエント側の部分への理解を深める方式をとっているところは大半ではないかと思っています。どちらを主として考えるかの違いでしょう。私たちの講座は、クライエント側の悩みを深く理解することに重点を置いています。だからこそキャリコンサルタントはまずは自分自身を深く理解していないといけない、という立場をとっています。だからこそコース前半でCDW(キャリア開発ワークショップ)を入れているわけです。

その上で、クライエント本人の悩みとは何か、ということをより深く考えていきます。それはクライエント自身の問題と、クライエントがクライエントと関わる外部との間の悩み、葛藤の問題なのか、という違いも理解しておく必要があります。

ただし、実際のキャリアカウンセリング(キャリアコンサルティング)の場面ではクライエント自身からそのあたりの情報開示が十分になされるとは限りません。よってキャリコンサルタント側では、そのあたりの想定をしたうえで、聞き出していく(理解していく)ことが必要不可欠です。まずはそのことを知識ベースで理解していただきます。ただし、それはまだ入り口。頭でわかってもできるようになるには当然訓練が必要になります。その訓練をじっくり時間をかけて行っていく。それが10日目の主題となります。

前日の9日目と共にこの10日目のトレーニングは受講される皆様にとって非常に刺激に満ちた時間になると思っています。自らの力量がまだまだ開発余地が大きいと共に気になること、質問したいことが山ほど出てくる状況になります。

(つづく)青木恒享

-実践編・応用編

執筆者:

関連記事

キャリアコンサルタント実践の要領 107 | テクノファ

キャリアコンサルティングの社会的意義 キャリアコンサルティングを学ぶ前提 キャリアコンサルタントがキャリアコンサルティングを学ぼうとするとき、日本の産業社会においてはキャリアという言葉も概念も、つい最近まで正しく存在していなかったという点をふまえておかなければならない。キャリアコンサルティングはキャリア開発の支援活動であり、キャリア開発のためのコンサルティングであるが、キャリアコンサルティングを学ぶということは単にキャリアコンサルティングを技法としてとらえるのではなく、キャリアコンサルタントが果たさなければならない役割など、キャリアコンサルティングの前提や背景、あるいは周辺についても正しく理解 …

キャリアコンサルタント実践の要領 41 | テクノファ

2級コンサルティング技能士検定の試験について前回の続きです。前回も説明しましたが、実技(面接)試験の詳細についてお話しします。 面接試験は、口ールプレイ形式の面接20分と、その後の口頭試問10分で構成されています。 ■試験官2名の前で口ールプレイ形式の面接を行う 面接試験は、まず、ロールプレイ形式で始まります。試験官2名を前に、相談者役の人と20分間の面接を行います。相談者候補の相談内容、簡単なプロフィールなどの相談ケースは、受検票などと一緒に送られてきます(送られた5ケース の中から1ケース出題されます)。当日どのケースの相談者と面接をするかは、面接室に入るまでわかりません。面接室に入った後 …

キャリアコンサルタント実践の要領 164 | テクノファ

このコーナーは、活躍しているキャリアコンサルタントの皆さんからの近況や情報などを発信いたしています。今回はキャリアコンサルタントのS.Sさんからの便りです。 私は昔からラーメンが大好きで、「美味しい店があるよ」と聞けば、たとえ遠くとも食べるためだけにわざわざ出かけて行ったりするほどだ。 ただ、ここ数年は年齢のせいか脂っこいものや味が濃い類のものには食傷気味で、どちらかと言えばサッパリして薄味のものを好むようになってきている。だが、いかに薄味であってもダシが効いていないものは失格だ。というわけで、最近は「昔ながらの中華そば」が食べたいと強く思うようになった。 ラーメンは既に日本独自の食文化として …

キャリアコンサルタント実践の要領 20 I テクノファ

テクノファのキャリアコンサルタント養成講座を卒業し、キャリアカウンセリングの実践で活躍しているキャリアコンサルタントの方からの近況や情報、及び実践の様子などをお伝えします。今回はM.Sさんです。 人は、いかに奇妙な家庭(特別な環境)で育ったとしても、本人にとっては「住み慣れた我が家」であり、そこで身につけた生活習慣は「ふつう」以外の なにものでもありません。 むろん他人の家庭がどのようなものかなどまったく知らないで育つわけですから、自分の家族に対しても何ら疑問が湧くことはなく、たとえ日々どんなに 過酷な状況下で暮らしていようとも、本人にとっては「ありふれた日常」でしかないのです。 よく言われる …

キャリコンサルタント実践の要領 87 | テクノファ

キャリアコンサルティング協議会の、キャリアコンサルタントの実践力強化に関する調査研究事業報告書の、組織視点を組み込んだキャリアコンサルティングの役割り拡大に対応するスーパービジョンを説明します。 4.組織視点と新しい個の視点の調整 新たな個のキャリア開発と形成に向けたキャリアコンサルタントが対象とする、個人支援の対象領域の解説を行った。従来型のカウンセリングがカバーしていたコンテンツに加えて、個の自律の視点からみたキャリア開発と形成に向けた支援領域を検討した。次にこの個人視点に加えて、組織視点と個の視点の新たな調整を解説する。 (1) 何故組織の視点と新しい個の視点の調整か:個の自律・個性化を …