実践編・応用編

キャリコンサルタント実践の要領 63 | テクノファ

投稿日:

キャリアコンサルタント実践の要領62」に続きキャリアコンサルティング協議会の、キャリアコンサルタントの実践力強化に関する調査研究事業報告書の、スーパービジョンのモデル実施及びアンケート・実施報告書の分析の部分の、キャリアコンサルティングの効果に係るアンケート(スーパーバイジー:キャリアコンサルタント)の結果を報告します。

③キャリアコンサルティングの効果に係るアンケート(スーパーバイザー)の結果
③―1スーパーバイザーが指摘した課題の傾向
スーパービジョン実施報告書に記述されていたスーパーバイジー(キャリアコンサルタント)の課題について、キャリアコンサルタント向けアンケートと同じ観点に基づいて記述内容を分類し、出現率を算出した。

本集計結果を理解する上で、以下の点に留意する必要がある。今回実施されたスーパー ビジョンにおけるスーパーバイザーとスーパーバイジーとの関係は、約8割が今回のスーパービジョンで初めて構築されたものである。スーパービジョンは本来、スーパーバイジーの育成を目的とした活動であるため、ある一定の期間にわたる関係を前提として、取り組むべき課題を明確化していく過程を含み、スーパービジョンで扱われる課題は変化・深化していく。したがって、初期段階のスーパービジョンだけでスーパーバイジーが取り組むべき課題がすべて明確になるとは限らない。今回報告する課題は、あくまでも限られた回数のスーパービジョンで把握された課題である。スーパーバイザーから指摘されない課題があったとしても、スーパーバイジーが当該課題を持っていないとまでは言えない。

上記の前提のもとで、最も多く指摘された課題は、問題把握(75%)であり、次いでクライエント評価(62.5%)、関係構築および介入・介入評価(いずれも58.3%)であった。

今回スーパービジョンを受けたキャリアコンサルタントは、約7割が経験年数5年未満であり、カウンセリングスキルやプロセスを評価する力をより高めていく段階にある方が多かったと言える。ただし、本事業におけるスーパービジョンは、ケース記録や逐語録に基づいて実施されている。そのため、課題の中でも特に面接の実施に関わる内容(カウンセリングスキル、カウンセリングのプロセス評価、自己理解等)について指摘されることが多かったと考えられる。
また、前項のキャリアコンサルタント自身が認識していた課題とは異なった傾向がみられるが、これは上述のとおり、課題の明確化自体がスーパービジョンに含まれていることを表している。

③―2スーパーバイザーが指摘した課題についての具体例
スーパーバイザーが、出現率の高かった課題の具体例を複数指摘している。
(つづく)木下 昭

-実践編・応用編

執筆者:

関連記事

キャリアコンサルタント実践の要領 25 I テクノファ

前回に続き、キャリアコンサルタントの相談過程の6ステップの2番目、「仕事理解」支援について説明します。先に説明した職業理解・仕事理解をもとに、来談者にとってのキャリア開発・形成を考える際の仕事を単なるジョブではなく、広くワークという枠でとらえるようにキャリアコンサルタントは支援しなければなりません。 ■ワーク=ジョブではない キャリアは、働くこと(ワーク)を中心にした人生展開、あるいは人生の中の働くということに関わっている部分です。人生そのものといってもいいでしょう。ワークには報酬が伴う「ジョブ」と報酬は伴わないもの(典型的なものがボランテイア・ワーク)がありますので、 ジョブはワークに含まれ …

キャリアコンサルタント実践の要領 148 | テクノファ

新型コロナウイルス感染症は、私たちの生活に大きな変化を呼び起こしました。キャリアコンサルタントとしてクライアントを支援する立場でこの新型コロナがどのような状況を作り出したのか、今何が起きているのか、これからどのような世界が待っているのか、知っておく必要があります。ここでは厚生労働省の白書からキャリアコンサルタントが知っておくべき情報をお伝えします。これからキャリアコンサルタント養成講座を受けようとする方、キャリアコンサルタント国家試験を受けようとする方、キャリアコンサルタント技能試験にチャレンジする方にもこのキャリアコンサルタント知恵袋を読んでいただきたいと思います。 働き方改革の推進などを通 …

キャリアコンサルタント実践の要領 10 I テクノファ

キャリアコンサルタントへの今回の相談者は、高齢者のデイホームに勤めているAさん40歳代の男性社員です。その職場は雇用更新の特別社員の所長(60歳代男性)を筆頭に、男性4名(30歳と40歳代)と女性1人の小さな拠点です。 所長は、打合わせや会議等でよく不在することが多く、相談者は女性と3人の男性と日々の業務を主に担っています。 キャリアコンサルタントへの相談内容は、所長との人間関係がうまくいかないことです。所長は、いわゆる頭脳明晰で有名進学校から国立大学を卒業しています。ただ、自身の能力を少し鼻にかけるところがあるようで、Aさんに言わせると自分を小ばかにしているとのことです。 具体的には、所長か …

キャリアコンサルタント養成講座11 I テクノファ

今回は、職業相談の奥深さについて振り返ってみようと思います。当然ですが、職業相談に来られる方の目的は仕事の相談です。相談の目的が明瞭であれば、ご本人の意向や希望に沿ってマッチングや自己アピールの支援等を比較的順調に進めていくことができますが、このような例はごくわずかです。 相談の目的が仕事に関することであっても、具体的なビジョンが描けず、何をやっていいか分からない方が多くおります。ただし、食べていくために収入が無いのは困る、何か仕事はないでしょうかという相談から話が始まります。 インテーク(最初の面接)の中で、そのような心境状態に至った段階を理解するようにします。何をやったらよいか分からないと …

キャリコンサルタント実践の要領 67 | テクノファ 

キャリアコンサルティング協議会の、キャリアコンサルタントの実践力強化に関する調査研究事業報告書の、現段階でのスーパービジョンの基盤整理についての部分を、報告書から記述します。 ここではすでに記述した内容を踏まえた現段階でのスーパービジョンの基盤整理 (スーパービジョンの標準化に向けた考え方)を示すが、中心は既存のスーパーバイザー養成機関等が採用しているカウンセリングをベースとしたアプローチである。 しかし、今後はセルフ・キャリアドック等をはじめとする企業組織領域におけるスーパービジョンも重要性を増してくることから、これに焦点を当てた考え方は補章で示すこととする。 1.スーパービジョンの必要性 …

2022年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031