基礎編・理論編

キャリアコンサルタント養成講座 93 | テクノファ

投稿日:2021年8月10日 更新日:

横山哲夫先生の思想の系譜

横山哲夫先生が2019年6月に逝去されて今年は3回忌になります。テクノファでは2004年に先生のご指導でキャリコンサルタント養成講座を立ち上げさせていただいて以来、今年まで実に16年もの間先生の思想に基づいたキャリコンサルタント養成講座を開催し続けさせていただきました。

横山哲夫先生はモービル石油という企業の人事部長をお勤めになる傍ら、組織において個人が如何に自立するか、組織において如何に自己実現を図るか生涯を通じて研究し、又実践をされてきた方です。

横山哲夫先生は、個人が人生を通じての仕事にはお金を伴うJOBばかりでなく、組織に属していようがいまいが、自己実現のためのWORKがあるはずであるという鋭い分析のもと数多くの研究成果を出されてきております。

今回はその中からキャリコンサルタントが知っていると良いと思われる「組織文化とリーダーシップ」を紹介します。

本記事はエトガー・H・シャインの著作「組織文化とリーダーシップ」を横山先生が翻訳されたものです。横山先生はシャインが2006,7年頃(記憶があいまいですみません)来日した時の立役者(JCC:日本キャリア・カウンセリング研究会が招待した、彼と娘さんが来日した)で、東京、大阪でシャインが講演をする際にいつも同席し、そればかりか新幹線で京都案内までされて、ごくごく親しく彼の人柄に触れた唯一の日本人でありました。

横山先生の思想の系譜をたどるときには、エドガー・シャインにかならず突き当たるので今回から横山先生の翻訳を紹介しながら彼の思想の系譜を探索していきたいと思います。

<ここより翻訳:2010年シャイン著>
マイクロカルチャー
マイクロカルチャーは,共通のタスク(職責)と歴史を共有する小規模なグループ内に形成される。共有される前提認識が,とくに高度の相互依存性が存在することから,その職務においてお互いの協力が要求されるグループ内に形成される。もっともすぐれた例はフットボールのティームに見いだせる。ここではコーチの指導のもと長時間の練習の末に,一定のプレイの方法が確立される。第12章で検討するように,新しいグループ内で認識と感じ方に共通の方法が生みだされるまでにそれほど長い時間は必要ではない。これらの方法を文化ととらえることは次のような方法で正当化される。つまりまずそのようなグループは外部の人間を拒絶する。そして彼らを受け入れるときにも,「このグループではこのようにものごとをこなす」という要件に向けて外部からの人間を即座に教化するのだ。

技術の複雑さの増大とグローバル化の進行によって,さまざまなマクロカルチャーと職業別カルチャー出身のメンバーによって構成される多元的文化混合のグループが益々重視されている。この傾向はとくに医療ケアの分野で顕著になっている。そこでは手術室,回復室,さらに数多くの付帯的なオペレーションがそれぞれマイクロシステムを作り上げており,またお互いに協力し合って仕事を進めている。これらのマイクロシステム内では,さまざまな職種,たとえば外科医,看護師,パーフユージョニスト(人工心肺業務を専門に担当する臨床工学技士),麻酔医 医療技師たち,ときによっては多国籍の人材が結束の固いティームとして機能し,かつ彼らに関係があるほかのマイクロシステムともスムーズに協調して仕事を進めることが求められている。このような多様なマイクロカルチャーと職業別カルチャーを備えたメンバーたちがいかにティームワークを築くかは重要な課題になっており,詳しくは第21章で検討する。

本章の要約と結論
組織文化はひとつのコンテクスト(脈絡)のなかに存在する。組織文化は,民族グループやそのほかの大規模な文化ユニットといった,ひとつ,またはそれ以上のマクロカルチャーのなかで機能する。またマクロカルチャーは組織文化の進化の過程に影響を及ぼす。ひとつの組織を観察すると,組織全体の特徴を表わす,ある種の基本的な前提認識を見いだすことができる。私企業では企業文化と呼ばれる。またその組織のサブユニットの特徴を表わす前提認識のセットを見いだすこともできる。これらのサブカルチャーは,機能組織ユニット,階層組織のランクのレベル,独立した地域組織,さらに共通の歴史を持つそのほかのグループを反映する。すべての組織は,組織のオペレーション,組織のデザイン,さらに組織の経営幹部と財務部門の機能を反映する,3つの一般的なサブカルチャーにもとづいて運営されている。組織の効果性を向上させるためには,これらのサブカルチャーがお互いに調和を保って運営されることが不可欠となる。何故ならそれぞれのサブカルチャーが組織全体の効果性向上に不可欠なものになっているからだ。

現代の組織がグローバル環境で成長していることから,マイクロカルチャーとしてとらえることができる多元的な文化を備えたティームに対する関心が高まっている。これらのマイクロカルチャーはどのように形成されるのか,またさまざまなマイクロカルチャーを備えた,ほかのマイクロシステムとどのような関係を築くのかは将来に向けて重要な課題となってくる。
(つづく)平林良人

-基礎編・理論編

執筆者:

関連記事

キャリアコンサルタント養成講座 63 | テクノファ

横山哲夫先生の思想の系譜 横山哲夫先生が2019年6月に逝去されて今年は3回忌になります。テクノファでは2004年に先生のご指導でキャリアコンサルタント養成講座を立ち上げさせていただいて以来、今年まで実に16年もの間先生の思想に基づいたキャリアコンサルタント養成講座を開催し続けさせていただきました。 横山哲夫先生はモービル石油という企業の人事部長をお勤めになる傍ら、組織において個人が如何に自立するか、組織において如何に自己実現を図るか生涯を通じて研究し、又実践をされてきた方です。 横山哲夫先生は、個人が人生を通じての仕事にはお金を伴うJOBばかりでなく、組織に属していようがいまいが、自己実現の …

キャリアコンサルティングとキャリアカウンセリング 9-2 I テクノファ

キャリアコンサルタントとスーパービジョン 前回に引き続き、キャリアコンサルタント(キャリアカウンセラー)が受けるスーパービジョンについてお話を続けます。 SVはスーパービジョン、SVorはスーパーバイザー、SVeeスーパーバイジー(スーパービジョンを受ける人、キャリアコンサルタント)の略です。 (2)目的 SVの目的は、次に記す①~④に評価介入し、SVeeをキャリアコンサルタントとして養成し成長を支援することにあります。 コミュニケーション マネジメント カウンセリングのうちかなりの部分が、カウンセラーとクライエントとの関係ができることによって成立しているといわれるほど、カウンセリングでは、キ …

キャリアコンサルタント熟練レベルを目指して 2I テクノファ

熟練キャリアコンサルタントを目指すにあたって、近道はありません。実践経験を積みながら、日々研鑽を重ねることが何より重要です。 ■「自ら成長したい」という強い思いが不可欠 熟練キャリアコンサルタントになるために、近道や特効薬はありません。継続した学習と実践を積むしかありません。そのうえで、ケースにおける失敗経験を反省し、自身の力量を自覚するとともに、成功経験をその後の活動に効果的に反映させるべく、活動に対する先輩や指導者からのフィードバックを求め、自分の資質の向上に努めることなどで、はじめて熟練キャリアコンサルタントに近づいていきます。つまり、熟練キャリアコンサルタントを目指すには、受け身の姿勢 …

キャリアコンサルタント養成講座 74 | テクノファ

横山哲夫先生の思想の系譜 横山哲夫先生はモービル石油という企業の人事部長をお勤めになる傍ら、組織において個人が如何に自立するか、組織において如何に自己実現を図るか生涯を通じて研究し、又実践をされてきた方です。 横山哲夫先生は、個人が人生を通じての仕事にはお金を伴うJOBばかりでなく、組織に属していようがいまいが、自己実現のためのWORKがあるはずであるという鋭い分析のもと数多くの研究成果を出されてきております。 今回はその中からキャリアコンサルタントが知っていると良いと思われる「組織文化とリーダーシップ」を紹介します。 本記事はエトガー・H・シャインの著作「組織文化とリーダーシップ」を横山先生 …

キャリアコンサルタント養成講座 171 | テクノファ

横山哲夫先生は、個人が人生を通じての仕事にはお金を伴うJOBばかりでなく、組織に属していようがいまいが、自己実現のためのWORKがあるはずであるとキャリアコンサルタント養成講座の中で強調されていました。そして数多くの著書を世の中に送り出しています。 今回はその中からキャリアコンサルタントが知っていると良いと思われる「組織文化とリーダーシップ」を紹介します。 本記事はエトガー・H・シャインの著作「組織文化とリーダーシップ」を横山先生が翻訳されたものです。横山先生の思想の系譜をたどるときには、エドガー・シャインにかならず突き当たるので今回から横山先生の翻訳を紹介しながら彼の思想の系譜を探索したいと …