国家試験

キャリアコンサルタント検定試験 I テクノファ

投稿日:2020年7月16日 更新日:

キャリア開発・形成の支援活動であるキャリアコンサルティングに関しては、国家資格キャリアコンサルタントと、国家検定キャリアコンサルティング技能検定1級・2級があり、キャリアコンサルティング技能検定はキャリアコンサルタントの上位に位置付けられます。キャリアコンサルタントは国家資格となり、名称独占となったため「キャリアコンサルタント」を名乗るにはキャリアコンサルタント試験に合格、資格取得後に登録が必要です。キャリアコンサルティング技能検定に合格すればキャリアコンサルティング技能士の称号が付与されます。キャリアコンサルティング技能士の他に、登録すれば「キャリアコンサルタントを名乗ることができます。

キャリアコンサルティングとは何でしょうか、厚生労働省のホームページには次のように書かれています。「キャリア」とは、過去から将来の長期にわたる職務経験やこれに伴う計画的な能力開発の連鎖を指すものです。「職業生涯」や「職務経歴」などと訳されます。「キャリアコンサルティング」とは、労働者の職業の選択、職業生活設計又は職業能力の開発及び向上に関する相談に応じ、助言及び指導を行うことをいいます。
「キャリアコンサルタント」とは、キャリアコンサルティングを行う専門家で、企業、需給調整機関(ハローワーク等)、教育機関、若者自立支援機関など幅広い分野で活躍しています。

キャリアコンサルティングを行うキャリアコンサルタントは、国家技能検定、国家資格ができる前は民間資格しかなかったため、その資質に関しては大きな差が生じていました。そこで厚生労働省が、キャリア開発・形成の支援活動である以上はある程度の資質を確保する必要があると考え、専門的な委員会での議論を経て、キャリア開発・形成支援のためのキャリアコンサルティングの具体的な内容、技法を定義し、支援の活動レベル求められる能力について統一して、それを満たす専門家をキャリアコンサルタントとしました。

2001年に、厚生労働省は産業構造の変化や働く人々のライフスタイルの多様化に対応するため、また、雇用のミスマッチを解消するため、労働者の職業生活設計に即した自発的な職業能力開発(キャリア開発・形成)と、これに関する職業能力評価制度の整備に重点を置き、関係法の改正、第7次職業能力開発基本計画の策定、事業主が講ずるべき措置に関する指針の策定、などを実施しました。これは、企業における従業員のキャリア開発・形成のための人事労務管理や能力開発などの施策を総合的かつ計画的に実施するための枠組みに関する基本法である職業能力開発促進法に基づくものです。

キャリアコンサルティングは、この第7次職業能力開発基本計画のなかで「労働者が、その適性や職業経験等に応じて自ら職業生活設計を行い、これに即した職業選択や職業訓練の受講等の職業能力開発を効果的に行うことができるよう、労働者の希望に応じて実施される相談」と定義されています。さらに、ここでは、キャリアコンサルティングの内容を4項目としています。
①職業能力の開発および向上に関する目標を定めるために必要な情報の提供。
②各種情報伝達手段の活用などによる雇用労働者への公平かつ効果的な情報提供の実施。
③キャリアコンサルティングの実施。
④キャリアコンサルティングを適切かつ効果的に行うための措置。

さらに、厚生労働省の委託を受けた、中央職業能力開発協会のキャリアコンサルテイング研究会報告では、キャリアコンサルテイングの実施過程において必要なスキルは以下の6項目であるとしています。
①来談者の相談内容を把握すること。
②来談者の達成目標、相談を行う範囲、緊要度などについて、明らかにすることができること。
③職業興味や適性、職業経験などを分析したり、来談者に応じて検査を実施したりすることによって、来談者の自己理解を支援できること。
④仕事に関する理解を支援すること。
⑤来談者の職業上の具体的な目標設定を支持することができること。
⑥来談者の目標に応じて、必要な能力開発の情報を提供できること。
これらの項目は、学校や職業紹介機関、あるいは企業などで行われてきたキャリア・ガイダンスの分野と同じ内容となっており、厚生労働省が定めるキャリアコンサルティングはキャリア・ガイダンスを参考にしていると思われます。

キャリアコンサルティング関連の施策はいくつかありますが、2008年にはキャリアコンサルティング技能検定2級がスタートし、2011年にはキャリアコンサルティング技能検定1級がスタート、2016年には職業能力開発促進法が改正されキャリア開発支援におけるキャリアコンサルティングが以前にもまして重要視されるようになり、キャリアコンサルティングを行うキャリアコンサルタントが国家資格化され、名称独占権を得ました。同時に策定された第10次職業能力開発基本計画ではキャリアコンサルタントを2024年までに10万人養成するという数値目標が立てられています。
(つづく) A.K

-国家試験

執筆者:

関連記事

キャリアコンサルタント国家試験合格 59 | テクノファ 

キャリアコンサルタント国家試験に役立つ法整備について勉強しましょう。今回はキャリアコンサルタントのキャリアコンサルティング業務に係りがある、働き方改革を実行するための関係法律の整備に関する法律(働き方改革関連法)の説明をします。 働き方改革関連法は、労働者がそれぞれの事情に応じた多様な働き方を選択できる社会を実現する働き方改革を総合的に推進するため、長時間労働の是正、多様で柔軟な働き方の実現、雇用形態にかかわらない公正な待遇の確保等を目的とした法律で、「労働基準法」、「労働安全衛生法」、「労働時間等の設定の改善に関する特別措置法」、「じん肺法」、「雇用対策法」、「労働契約法」、「短時間労働者の …

キャリアコンサルタント国家試験合格 22-2  I  テクノファ

― 過去問勉強 その4 労働法規 ― 国家試験機関「キャリアコンサルティング協議会」は、平成30年3月の厚生労働省の見直しに合わせて「キャリアコンサルタント試験の出題範囲」を改定しました。 新「キャリアコンサルタント試験の出題範囲(キャリアコンサルタント試験の試験科目及びその範囲並びにその細目)」の適用は、2020年度(令和2)からの試験となっています。 今回からは、新「キャリアコンサルタント試験の出題範囲(キャリアコンサルタント試験の試験科目及びその範囲並びにその細目)」に焦点を合わせて、分野ごとに過去問を中心に勉強をしていきたいと思います。 キャリアコンサルタント試験の試験科目及びその範囲 …

キャリアコンサルタント国家試験合格 134 | テクノファ

キャリアコンサルタントがキャリアコンサルティングを行う際に必要な知識とそれを補う資料について説明していますが、今回は、これまで説明してきたキャリア形成支援に関連して、厚生労働省のキャリア形成支援の施策の一つ、「人材開発支援助成金」について説明します。 厚生労働省のキャリア形成支援のサイト https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/shokugyounouryoku/career_formation/index.html とそのリンク先の厚生労働省資料より説明します。 〇人材開発支援助成金は、労働者の職業生活設計の …

キャリアコンサルタント国家試験合格 47 | テクノファ

キャリアコンサルタント国家試験に役立つ法整備について勉強しましょう。 キャリアコンサルタントのキャリアコンサルティング業務に係る法整備について厚生労働省の資料を参考に説明します。 働く人々がそれぞれの事情に応じた多様な働き方を選択できる社会を実現する働き方改革を総合的に推進するため、長時間労働の是正、多様で柔軟な働き方の実現、雇用形態にかかわらない公正な待遇の確保等のための措置を講じるために、関係する法令を整備するために、「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律」(働き方改革関連法)が2018年7月に公布され、関連する法律が順次施行されています。これにより人々の働き方、生活はいま …

キャリアコンサルタント国家試験合格 38 | テクノファ 

国家試験機関「キャリアコンサルティング協議会」は、平成30年3月の厚生労働省の見直しに合わせて「キャリアコンサルタント試験の出題範囲」を改定しました。新「キャリアコンサルタント試験の出題範囲(キャリアコンサルタント試験の試験科目及びその範囲並びにその細目)」の適用は、2020年度(令和2)からの試験となっています。 ここでは、新「キャリアコンサルタント試験の出題範囲(キャリアコンサルタント試験の試験科目及びその範囲並びにその細目)」に焦点を合わせて、分野ごとに過去問を中心に勉強をしていきたいと思います。 労働法関係について「キャリアコンサルタント試験の試験科目及びその範囲並びにその細目6」には …

2022年1月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031