実践編・応用編

キャリアコンサルタント実践の要領 22 I テクノファ

投稿日:2020年12月19日 更新日:

Aさんの「キャリコンサルタント養成講座」受講奮闘記をお伝えしています。

Aさんは中小企業に勤めている小学生と4歳半の子供をもつ女性ですが、ある事をきっかけに「キャリアコンサルタント」という資格を知りました。厚生労働省の国家資格であること、企業の中で人間関係の相談に乗ってあげられる力を付けられることなどを知り、どこかの「キャリコンサルタント養成講座」を受けたいとNetで多くの「キャリコンサルタント養成講座」を調べました。

その結果テクノファの「キャリコンサルタント養成講座」が自分に合うのではないかと思い、3か月にわたる12日間「キャリコンサルタント養成講座」講座を受講することに決めました。決めた理由は16年の「キャリコンサルタント養成講座」の歴史と「組織と個人の共生」ということにありました。

さあ、3,4日目の合宿になりました。

Aさんはテクノファから指定された東京近郊の合宿所に向かうため1泊2日の身支度をしました。着るものは日常着、できればジャージーみたいなものということなので、ラフな運動着に近い服で参加しました。

【3,4日目合宿】
キャリア開発ワークショップ(CDW)は、横山先生と今野先生が始められた個人が自分に向き合う機会です。
合宿場に着いたAさんは、何が始まるか期待と不安を心に抱きながら合宿のオリエンテーションの会場に入りました。

キャリア開発ワークショップという名前で、2日間の合宿研修が始まります、と書きましたが、通常の研修とは全く異なるワークショップを中心とした合宿が2日間進行しました。ワークショップという名称から、受講者皆さんが何かのテーマに則って議論をして解を見出す、というようにお考えになる方もいらっしゃるかもしれませんが、このCDWのワークショップはそのようなものとは全く違い、参加の一人ひとりが自分というものをじっくりと見直す2日間になります。

忙しい日常生活の中で、ついつい疎かになりがちな自分自身という者、自部の現状及び将来についての講師のガイドに沿って自分自身と対話をしていきます。

あっという間に2日のCDWは終わりました。12日間の中でも一番のハイライトであるCDWが終わり、2週間の間をおいて、5日目が始まります。5日目はCDWのフォローに充てられて、次のカリキュラムは6日目から始まりました。

【6日目 キャリア・ガイダンス】
6日目は、世の中の実情を踏まえて、各種の言葉や法体系等について学びます。最初は、「キャリアコンサルティング 理論と実際」木村周著(一般社団法人 雇用問題研究会)を使用して、まずはキャリア・ガイダンスという言葉の説明を受けます。本講座はキャリアコンサルタント養成講座と銘打っていますが、キャリア・ガイダンスという言葉は学校教育の世界などで広く使われています。学校における進路指導から職業指導がキャリア・ガイダンスとされていますが、学校教育だけでなく、職業安定行政においても職業指導は行われています。よって、キャリア・ガイダンスに関する定義を整理すると、キャリアに関するガイダンスであり、「個人が職業やキャリアを選び、準備し、就職しその中で効果的に機能するよう援助するプロセス」と定義することができます。それは個人の発達に応じて生涯を通じて繰り返され、継続されるものとして捉えていただくことになります。

【6日目午後 メンタルヘルス】
午後はガラッと変わってメンタルヘルスについて学びます。なぜキャリアコンサルタント養成講座でメンタルヘルス?と思われるかもしれませんが、メンタルヘルスはすべての人の問題です。クライエントがもし心の病気になりかかっているような状況であれば、どのような対処が必要か、またそのようなクライエントの状態を見抜く力量が必要です。

世の中の情勢として、2015年に従業員50名以上の会社にとっての義務づけられた労働安全衛生法の一部改正される形で導入されたストレスチェック法案により、ますますメンタルヘルスについて深い理解がキャリアコンサルタントにも求められています。

講座ではまずはメンタルヘルスの現状についての理解を深めることから入ります。労働時間、睡眠時間との関係や、日本における訴訟の歴史に始まり、ストレスと生産性について、を学びます。そして、ストレスマネジメントのコツを学んでいきます。これらはキャリアコンサルタントとしての力量獲得につながるだけでなく、セルフチェックにもつながることになります。

その上で、うつ病について学んでいきます。キャリアコンサルタントはうつ病の方のコンサルティングをしてはいけません。クライエントがそのような状態であることの見分け方、対処の仕方を学びます。そしてもう一つ、支える人(キャリアコンサルタント)が陥りやすい傾向について学びます。熱心に対応すればするほど陥りやすい状態を理解し、セルフケアの重要性を改めて認識していきます。

後半は事例研究です。メンタルヘルスの観点で問題を抱えていると思われるクライエント事例を取り上げます。複数事例を取り上げながら、最近の世情を踏まえた問題を皆で考える貴重な時間になると共に、キャリアコンサルタントが決して簡単に取り組める仕事ではないことも感じられる時間になるでしょう。だからこそより深く学ぼうという意欲を持つことができると思います。
(つづく)T.A

-実践編・応用編

執筆者:

関連記事

キャリアコンサルタント実践の要領 96 | テクノファ

キャリアコンサルタントが、個人あるいは個人を取り巻くもの(企業、就職支援機関、教育能力開発機関、地域、家族など)に対してキャリアコンサルティングを実施するには、キャリアコンサルテイングを受ける人が必要としている支援を提供する制度・施策や、支援を必要とする人、支援する側の立場の人・組織に必要な関係情報を周知するためのインターネットサイトの存在を熟知していることが求められており、それらの情報を活用して人々のキャリア形成における課題に応じた効果的なキャリアコンサルティングを提供するためのキャリアコンサルティング技法が用意されています。 キャリアコンサルタントが、個人や個人を取り巻く環境に対して適切な …

障害者の職場定着等に向けて | テクノファ

新型コロナウイルス感染症は、私たちの生活に大きな変化を呼び起こしました。キャリアコンサルタントとしてクライアントを支援する立場でこの新型コロナがどのような状況を作り出したのか、今何が起きているのか、これからどのような世界が待っているのか、知っておく必要があります。ここでは厚生労働省の白書からキャリアコンサルタントが知っておくべき情報をお伝えします。これからキャリアコンサルタント養成講座を受けようとする方、キャリアコンサルタント国家試験を受けようとする方、キャリアコンサルタント技能試験にチャレンジする方にもこのキャリアコンサルタント知恵袋を読んでいただきたいと思います。 2.障害者の職場定着等に …

D.マグレガーの人間観について

キャリアコンサルティングの社会的意義 キャリアコンサルティングを学ぶ前提 キャリアコンサルタントがキャリアコンサルティングを学ぼうとするとき、日本の産業社会においてはキャリアという言葉も概念も、つい最近まで正しく存在していなかったという点をふまえておかなければならない。キャリアコンサルティングはキャリア開発の支援活動であり、キャリア開発のためのコンサルティングであるが、キャリアコンサルティングを学ぶということは単にキャリアコンサルティングを技法としてとらえるのではなく、キャリアコンサルタントが果たさなければならない役割など、キャリアコンサルティングの前提や背景、あるいは周辺についても正しく理解 …

キャリアコンサルタント実践の要領 47 | テクノファ

今回はテクノファキャリアコンサルタント養成講座の卒業生小西理子さんの「私がキャリアコンサルタントになってできるようになった12のこと」を2回にわたってお伝えします。 私がキャリアコンサルタントになってできるようになった12のこと 突然ですが、皆様の悩みは何でしょう。 ・恋人ができない。 ・家族とそりが合わない。 ・仕事がうまくいかない。 ・人間関係がうまくいかない。 ・お金がコントロールできない…。 誰しもが一度は、このうちのどれかの悩みには突き当たることでしょう。今も何かに悩んでいるかもしれませんし、これ以外の悩みを抱えているか、稀にいずれの問題にも悩んでいないこともあるかもしれません。 私 …

健康危機管理・災害対策の推進 | テクノファ

新型コロナウイルス感染症は、私たちの生活に大きな変化を呼び起こしました。キャリアコンサルタントとしてクライアントを支援する立場でこの新型コロナがどのような状況を作り出したのか、今何が起きているのか、これからどのような世界が待っているのか、知っておく必要があります。ここでは厚生労働省の白書からキャリアコンサルタントが知っておくべき情報をお伝えします。 第8章 健康で安全な生活の確保 第1節 健康危機管理・災害対策の推進 1 健康危機管理の取組みについて 厚生労働省においては、医薬品、食中毒、感染症、飲料水その他何らかの原因によって生じる国民の生命、健康の安全を脅かす事態に対して、「厚生労働省健康 …