実践編・応用編

キャリアコンサルタント実践の要領 22 I テクノファ

投稿日:

Aさんの「キャリコンサルタント養成講座」受講奮闘記をお伝えしています。

Aさんは中小企業に勤めている小学生と4歳半の子供をもつ女性ですが、ある事をきっかけに「キャリアコンサルタント」という資格を知りました。厚生労働省の国家資格であること、企業の中で人間関係の相談に乗ってあげられる力を付けられることなどを知り、どこかの「キャリコンサルタント養成講座」を受けたいとNetで多くの「キャリコンサルタント養成講座」を調べました。

その結果テクノファの「キャリコンサルタント養成講座」が自分に合うのではないかと思い、3か月にわたる12日間「キャリコンサルタント養成講座」講座を受講することに決めました。決めた理由は16年の「キャリコンサルタント養成講座」の歴史と「組織と個人の共生」ということにありました。

さあ、3,4日目の合宿になりました。

Aさんはテクノファから指定された東京近郊の合宿所に向かうため1泊2日の身支度をしました。着るものは日常着、できればジャージーみたいなものということなので、ラフな運動着に近い服で参加しました。

【3,4日目合宿】
キャリア開発ワークショップ(CDW)は、横山先生と今野先生が始められた個人が自分に向き合う機会です。
合宿場に着いたAさんは、何が始まるか期待と不安を心に抱きながら合宿のオリエンテーションの会場に入りました。

キャリア開発ワークショップという名前で、2日間の合宿研修が始まります、と書きましたが、通常の研修とは全く異なるワークショップを中心とした合宿が2日間進行しました。ワークショップという名称から、受講者皆さんが何かのテーマに則って議論をして解を見出す、というようにお考えになる方もいらっしゃるかもしれませんが、このCDWのワークショップはそのようなものとは全く違い、参加の一人ひとりが自分というものをじっくりと見直す2日間になります。

忙しい日常生活の中で、ついつい疎かになりがちな自分自身という者、自部の現状及び将来についての講師のガイドに沿って自分自身と対話をしていきます。

あっという間に2日のCDWは終わりました。12日間の中でも一番のハイライトであるCDWが終わり、2週間の間をおいて、5日目が始まります。5日目はCDWのフォローに充てられて、次のカリキュラムは6日目から始まりました。

【6日目 キャリア・ガイダンス】
6日目は、世の中の実情を踏まえて、各種の言葉や法体系等について学びます。最初は、「キャリアコンサルティング 理論と実際」木村周著(一般社団法人 雇用問題研究会)を使用して、まずはキャリア・ガイダンスという言葉の説明を受けます。本講座はキャリアコンサルタント養成講座と銘打っていますが、キャリア・ガイダンスという言葉は学校教育の世界などで広く使われています。学校における進路指導から職業指導がキャリア・ガイダンスとされていますが、学校教育だけでなく、職業安定行政においても職業指導は行われています。よって、キャリア・ガイダンスに関する定義を整理すると、キャリアに関するガイダンスであり、「個人が職業やキャリアを選び、準備し、就職しその中で効果的に機能するよう援助するプロセス」と定義することができます。それは個人の発達に応じて生涯を通じて繰り返され、継続されるものとして捉えていただくことになります。

【6日目午後 メンタルヘルス】
午後はガラッと変わってメンタルヘルスについて学びます。なぜキャリアコンサルタント養成講座でメンタルヘルス?と思われるかもしれませんが、メンタルヘルスはすべての人の問題です。クライエントがもし心の病気になりかかっているような状況であれば、どのような対処が必要か、またそのようなクライエントの状態を見抜く力量が必要です。

世の中の情勢として、2015年に従業員50名以上の会社にとっての義務づけられた労働安全衛生法の一部改正される形で導入されたストレスチェック法案により、ますますメンタルヘルスについて深い理解がキャリアコンサルタントにも求められています。

講座ではまずはメンタルヘルスの現状についての理解を深めることから入ります。労働時間、睡眠時間との関係や、日本における訴訟の歴史に始まり、ストレスと生産性について、を学びます。そして、ストレスマネジメントのコツを学んでいきます。これらはキャリアコンサルタントとしての力量獲得につながるだけでなく、セルフチェックにもつながることになります。

その上で、うつ病について学んでいきます。キャリアコンサルタントはうつ病の方のコンサルティングをしてはいけません。クライエントがそのような状態であることの見分け方、対処の仕方を学びます。そしてもう一つ、支える人(キャリアコンサルタント)が陥りやすい傾向について学びます。熱心に対応すればするほど陥りやすい状態を理解し、セルフケアの重要性を改めて認識していきます。

後半は事例研究です。メンタルヘルスの観点で問題を抱えていると思われるクライエント事例を取り上げます。複数事例を取り上げながら、最近の世情を踏まえた問題を皆で考える貴重な時間になると共に、キャリアコンサルタントが決して簡単に取り組める仕事ではないことも感じられる時間になるでしょう。だからこそより深く学ぼうという意欲を持つことができると思います。
(つづく)T.A

-実践編・応用編

執筆者:

関連記事

キャリアコンサルタント実践の要領 118 | テクノファ

キャリアコンサルティングの社会的意義 キャリアコンサルティングを学ぶ前提 キャリアコンサルタントがキャリアコンサルティングを学ぼうとするとき、日本の産業社会においてはキャリアという言葉も概念も、つい最近まで正しく存在していなかったという点をふまえておかなければならない。キャリアコンサルティングはキャリア開発の支援活動であり、キャリア開発のためのコンサルティングであるが、キャリアコンサルティングを学ぶということは単にキャリアコンサルティングを技法としてとらえるのではなく、キャリアコンサルタントが果たさなければならない役割など、キャリアコンサルティングの前提や背景、あるいは周辺についても正しく理解 …

キャリアコンサルタント実践の要領 95 | テクノファ

このコーナーは、テクノファのキャリコンサルタント養成講座を卒業しキャリコンサルタントとして活躍している「キャリコンサルタント」からの近況や情報などを発信いたします。今回はS.Sさんからの発信です。 「人生の午後」~ 再構築に向けて ~ 今年も半分が過ぎてしまった。なんというか・・時間の感覚がおかしい。 「あはは、もう50歳になってしまったねえ・・どうすんだよ」と同年齢の友人と笑っていたのが昨日のことのようだが、いつの間に10年近い歳月が流れてしまっている。なんと早いことか・・どうやら、年齢を重ねるほどに時間感覚がどんどん短くなってゆくものらしい。 小学校の6年間は、とっても長かった。 中学の3 …

キャリアコンサルタント実践の要領 100 | テクノファ

キャリアコンサルタントが、個人あるいは個人を取り巻くもの(企業、就職支援機関、教育能力開発機関、地域、家族など)に対して適切なキャリアコンサルティングを行うには、キャリアコンサルタントに係る制度・施策や、関連する情報などについて最新で正確な情報を有していることが求められていますが、キャリアコンサルタントに直接かかわる制度・施策に関する情報や、制度・施策を利用するためのサポート情報の他にも、キャリアコンサルタントに係ると思われる社会経済動向に関して、常に最新の情報を基にキャリアコンサルティングをすることが求められています。 今回は前回に続き社会経済動向に関する情報として厚生労働白書について説明し …

キャリアコンサルタント実践の要領 33 | テクノファ

テクノファのキャリアコンサルタント養成講座を卒業し、キャリアカウンセリングの実践で活躍しているキャリアコンサルタントの方からの近況や情報、及び実践の様子などをお伝えします。今回はS.Sさんです。 私たちは、友人に対して、または子どもに向かって、こんな言葉を投げかけてしまいがちです。 【例1】 友人・「うまくできるかなあ・・」 私・「大丈夫、大丈夫!きっとうまくいくよ!」 おそらく、あなたは相手を励ましているつもりなのでしょう。あなたはきっと、不安に見える相手に対して元気づけることが「良い行い」であると思っているがゆえに、そんな言葉を放っているのだと思います。でも、そんなあなたの想いとは裏腹に、 …

キャリアコンサルタントの活動領域3―教育領域他 I テクノファ

3 教育領域(学校における学生のキャリア開発・形成および就職相談) 「キャリアコンサルティング研究会」では、教育領域として大学と専門学校のヒアリング調査をしています。大学では、キャリア教育部会におけるヒアリング時に併せて行っており、キャリアコンサルタント活用側として 8 大学を対象とし、 その8大学で活躍するキャリアコンサルタント 20 名に調査を実施しています。専門学校では、 キャリアコンサルタント活用側として 1つの専門学校を対象とし、キャリアコンサルタント2 名を対象としています。期待される「役割」、必要な「能力」、「育成策、キャリア・パス」等について、アンケートを取っています。対象とな …

2022年1月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031