国家試験

キャリアコンサルタント国家試験合格 67 | テクノファ

投稿日:2021年5月22日 更新日:

前回は女性活躍推進法について説明しましたが、今回はこの女性活躍推進法の基本方針の根拠となった法律である男女雇用機会均等法(雇用の分野における男女の均等な機会及び待遇の確保等に関する法律)について厚生労働省ホームページを参考に説明します。キャリアコンサルタントがキャリアコンサルティングを行う上で係りのある法律です。

男女雇用機会均等法は2019年6月5日公布、2020年6月1日施行の「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律等の一部を改正する法律」の施行に伴う、2020年6月1日の改正施行で、職場の妊娠・出産・育児休業等に関するハラスメント防止措置の義務づけの改訂や、男女雇用機会均等法の条文内で、事業主が講ずべき措置等に関して、その適切かつ有効な実施を図るために必要な指針を定める、とした指針について、セクシャルハラスメント、マタニティハラスメント等の防止の指針等が改正施行されています。

男女雇用機会均等法のポイントを下記します。

  • 性別を理由とする差別の禁止

雇用管理の各ステージにおける性別を理由とする差別の禁止(第5条・第6条)
・募集・採用、配置(業務の配分及び権限の付与を含む)・昇進・降格・教育訓練、一定範囲の福利厚生、職種・雇用形態の変更、退職の勧奨・定年・解雇・労働契約の更新について、性別を理由とする差別を禁止。

間接差別の禁止(第7条)
・労働者の性別以外の事由を要件とする措置のうち、実質的に性別を理由とする差別となるおそれがあるものとして、厚生労働省令で定める措置について、合理的な理由がない場合、これを講ずることを禁止。

【厚生労働省令で定める措置】
○労働者の募集又は採用に当たって、労働者の身長、体重又は体力を要件とすること。
○労働者の募集若しくは採用、昇進又は職種の変更に当たって、転居を伴う転勤に応じることができることを要件とすること。
○労働者の昇進に当たり、転勤の経験があることを要件とすること。

女性労働者に係る措置に関する特例(第8条)
・性別による差別的取扱いを原則として禁止する一方、雇用の場で男女労働者間に事実上生じている格差を解消することを目的として行う、女性のみを対象とした取扱いや女性を優遇する取扱いは違法でない旨を規定。

婚姻、妊娠・出産等を理由とする不利益取扱いの禁止等(第9条)
・婚姻、妊娠、出産を退職理由とする定めを禁止。
・婚姻を理由とする解雇を禁止。
・妊娠、出産、産休取得、その他厚生労働省令で定める理由による解雇その他不利益取扱いを禁止。
・妊娠中・産後1年以内の解雇を、事業主が、妊娠等が理由でないことを証明しない限り無効。
セクシュアルハラスメント及び妊娠・出産等に関するハラスメント対策

セクシュアルハラスメント対策(第11条)
・職場におけるセクシュアルハラスメント防止のために、雇用管理上必要な措置を事業主に義務付け。

妊娠・出産等に関するハラスメント対策(第11条の2)
・職場における妊娠・出産等に関するハラスメント防止のために、雇用管理上必要な措置を事業主に義務付け。

母性健康管理措置(第12条・第13条)
・妊娠中・出産後の女性労働者が保健指導・健康診査を受けるための時間の確保、当該指導又は診査に基づく指導事項を守ることができるようにするため必要な措置の実施を事業主に義務付け。
派遣先に対する男女雇用機会均等法の適用

(労働者派遣法第47条の2において、男女雇用機会均等法の第9条第3項 、第11条第1項、第11条 の2第1項、第12条及び第13条第1項の適用を規定)
・ 妊娠・出産等を理由とする不利益取扱いの禁止、セクシュアルハラスメント対策、妊娠、出産等に関するハラスメント対策及び母性健康管理措置についての規定は派遣先事業主にも適用。

事業主に対する国の援助(第14条)
・男女労働者間に事実上生じている格差を解消するための自主的かつ積極的な取組(ポジティブ・アクション)を行う事業主に対し、国は相談その他の援助を実施。
労働基準法で定める母性保護規定の他に、この法律では事業主の義務として、妊娠中または出産後の女性労働者に必要な母性健康管理の措置を定めている。

出展:厚生労働省ホームページより
https://www.mhlw.go.jp/content/11900000/000535218.pdf

キャリアコンサルタントが知っているとよい法律の情報をお伝えしました。
(つづき)木下昭

 

-国家試験

執筆者:

関連記事

時間外労働削減の事例集2 | キャリコン国家試験合格242テクノファ

キャリアコンサルタントに必要な情報をお伝えします。 ■時間外労働削減の事例集2 □事例 6  B社 【事業場概要】 事業内容:製造業(車両の製造) 事業場の従業員数(うち正社員数):148名(148名) 所在地:東京都 勤務形態:8:20~16:30を基本的な就業時間とする1ヶ月単位の変形労働時間制。上半期は完全週休2日制、下半期は日祝と第1・第 3土曜を基本的な休日とする。 「変形労働時間制の導入」によりメリハリのある働き方を! 【取組の内容】 従業員の労働に報いるため、平成22年4月の労働基準法の改正以前に、割増賃金率を自主的に引き上げた。これをきっかけに、繁忙期の勤務形態をフレックスタイ …

メンタルヘルスに関する個人情報の保護への配慮|テクノファ

キャリアコンサルタントがキャリアコンサルティングを行う際に必要な知識とそれを補う資料について、メンタルヘルス、自殺・過労死、ハラスメント等に関する知識、資料について説明していますが、今回は「労働者の心の健康の保持増進のための指針」について前回の続きから説明します。 7. メンタルヘルスに関する個人情報の保護への配慮 メンタルヘルスケアを進めるにあたっては、健康情報を含む労働者の個人情報の保護に配慮することが極めて重要です。 事業者は、健康情報を含む労働者の個人情報やストレスチェック制度における健康情報の取扱いについて、個人情報の保護に関する法律及び関連する指針等を遵守し、労働者の健康情報の適切 …

在留資格、特定技能1号・2号|テクノファ

キャリアコンサルタントがキャリアコンサルティングを行う際に必要な知識とそれを補う資料について説明していますが、今回は労働者の雇用、労働契約に関連する知識、資料などについて、前回の続きから説明します。 ■在留資格、特定技能1号・2号 中小・小規模事業者をはじめとした深刻化する人手不足に対応するため、生産性向上や国内人材の確保のための取組を行ってもなお人材を確保することが困難な状況にある産業上の分野において、一定の専門性・技能を有し即戦力となる外国人を受け入れていく仕組みを構築するために2019年4月の改正入管法の施行に伴い在留資格、特定技能制度が創設、施行されました。 「特定技能1号」は、特定産 …

転職者採用に関する課題|キャリコン国家試験合格43テクノファ

キャリアコンサルタント国家試験の対策を行ううえで、知っておくべき情報をお伝えします。 ■企業における転職者の採用等に関する課題 ここまで、労働者の主体的なキャリア形成への支援を通じた労働移動やキャリアチェンジの促進に当たって、キャリアコンサルティングの有効性や自己啓発の取組の促進に関する課題をみてきた。転職者が円滑に新しい職場での業務に適応し、能力を発揮するためには、転職者を受け入れる企業において適切な支援を行うことが重要である。今回は、企業が転職者を受け入れるに当たって必要な支援について考察するとともに、転職者を受け入れる企業や求職者が、転職に関してどのような課題を感じているかについてみてい …

キャリアコンサルタント国家試験合格 32-2 | テクノファ

今回は前回の続きで、キャリアコンサルタントに向けての労働法関係の過去問についてです。ここでは、新「キャリアコンサルタント試験の出題範囲(キャリアコンサルタント試験の試験科目及びその範囲並びにその細目)」に焦点を合わせて、分野ごとに過去問を中心に勉強をしています。 労働法関係の過去問では、多くの【問】で次の法令に関する名称は略語を使用しています。また、法令の名称などは変わりますので注意が必要です。後日名称の変わった法律について勉強したいと思います。 ・個人情報の保護に関する法律 : 個人情報保護法 ・高年齢者等の雇用の安定等に関する法律 : 高年齢者雇用安定法 ・個別労働関係紛争の解決の促進に関 …