国家試験

キャリアコンサルタント国家試験合格 69 | テクノファ

投稿日:2021年5月24日 更新日:

前回までは働き方改革関連法により改正された法律を中心に働きかた改革推進について説明しましたが、今回は、キャリアコンサルタントがキャリアコンサルティングを行う上で係りのある働きかた改革を推進する多様で柔軟な働きかたをかなえる制度・施策について副業・兼業の促進を説明します。

副業・兼業の促進
厚生労働省のホームページよりhttps://www.mhlw.go.jp/content/11200000/000695150.pdfを参考に説明します
厚生労働省では、「働き方改革実行計画」(平成29年3月28日働き方改革実現会議決定)を踏まえ、副業・兼業の普及促進を図るため、副業・兼業の促進に関するガイドラインを作成し(平成30年1月)、さらに企業も働く人も安心して副業・兼業を行うことができるようルールを明確化するため、令和2年9月にガイドラインを改定しました。

働きかた改革になぜ副業・兼業かということについてですが、副業・兼業は、新たな技術の開発、オープンイノベーションや起業の手段、そして第2の人生の準備として有効とされており、また人生100年時代を迎えて、若いうちから、自らの希望する働き方を選べる環境を作っていくことが必要であり、それを実践することができる副業・兼業などの多様な働き方への期待が高まっています。

ガイドラインでは副業・兼業を行うことについて、二つ以上の仕事を掛け持つことを想定しています。
-企業に雇用される形で行うもの(正社員、パート・アルバイトなど)
-自ら起業して事業主として行うもの
-コンサルタントとして請負や委任といった形で行うもの
など、さまざまな形態があります。

既に会社で働いている人が、副業・兼業を行うことが可能かどうかは会社によって異なります。就業規則や労働契約を確認し、副業・兼業を行うことが可能かどうか、副業・兼業を始めるためにどのような手続が必要かを確認する必要があります。

副業・兼業を禁止している企業や一律許可制にしている企業がありますが、労働者が労働時間以外の時間をどのように利用するかは、基本的には労働者の自由であるとされており、ガイドラインでは企業は原則、副業・兼業を認める方向で就業規則などの見直しを行い、労働者が副業・兼業を行える環境を整備するよう検討することが適当としています。

副業・兼業を取り入れるメリットと留意点について
副業・兼業を行うことのメリットは、働く人の状況によっていろいろありますが、以下のようなものが考えられます。
-離職せずとも別の仕事に就くことが可能となり、スキルや経験を得ることで、主体的にキャリア形成ができる。
-既に行っている仕事の所得を活かして、自分がやりたいことに挑戦でき、自己実現を追求できる。
-所得が増加する。

メリットの一方で、注意すべき留意点として、以下のようなものが考えられます。
-就業時間が長くなる可能性があるため、自身による就業時間や健康の管理も一定程度必要である。
-副業・兼業によって既に行っている仕事に支障が生じないようにすること。
-既に行っている仕事と副業・兼業それぞれで知り得た業務上の秘密情報を漏らさないこと。

次に副業・兼業を進める上で必要になる対応について
1.副業・兼業を認めるにあたって
STEP1 就業規則等の整備
〇 副業・兼業を禁止や一律許可制にしている企業は、副業・兼業を認める方向で就業規則等を見直すことが望ましい。
〇 就業規則等の見直しにあたってのポイントは、以下のようなことが考えられます。
-副業・兼業を原則認めることとすること
-労務提供上の支障がある場合など、例外的に副業・兼業を禁止または制限することができるとされている場合を必要に応じて規定すること
-副業・兼業の有無や内容を確認するための方法を、労働者からの届出に基づくこととすること

〇 副業・兼業に伴う労務管理を適切に行うためには、届出制など副業・兼業の有無・内容を確認するための仕組みを設けておくことが望ましい。
〇 副業・兼業に関しては、
-労働者の心身の健康の確保、ゆとりある生活の実現の観点から法定労働時間が定められている趣旨も踏まえ、長時間労働にならないようにすること
-労働基準法や労働安全衛生法による規制等を潜脱するような形態等で行われる副業・兼業は認められず、就労の実態に応じて、労働基準法や労働安全衛生法等における使用者責任が問われること
-労働者が副業・兼業に係る相談・自己申告等をしやすい環境づくりが重要であり、労働者が相談・自己申告等を行ったことにより不利益な取扱いはできないことに留意することが必要です。

キャリアコンサルタントが知っていると良い多様で柔軟な働きかたをかなえる制度・施策についてお話ししました。
(つづく)木下昭

-国家試験

執筆者:

関連記事

キャリアコンサルタント国家試験合格 74 | テクノファ

キャリアコンサルタントがキャリアコンサルティングを行う上で係りのある、働きかた改革を推進する多様で柔軟な働きかたをかなえる制度・施策に関して、今回は、高度プロフェッショナル制度について説明します。先に働き方改革関連法による労働基準法の改正項目の中に高度プロフェッショナル制度の創設が含まれていることは説明しましたが、今回はこの高度プロフェッショナル制度について、具体的に厚生労働省資料(https://www.mhlw.go.jp/content/000497436.pdf)を参考に説明します。 高度プロフェッショナル制度とは、高度の専門的知識等を有し、職務の範囲が明確で一定の年収要件を満たす労働 …

キャリアコンサルタント国家試験合格 90 | テクノファ

キャリアコンサルタントがキャリアコンサルティングを行う上で係りがある、働きかた改革を推進する多様で柔軟な働きかたを可能にする制度・施策を説明してきました。続いて前回は様々な事情を抱えて、多様で柔軟な働きかたを必要としている、これまで説明してきた制度・施策の対象者である働く人たち、その人たちを具体的に支援する立場にある支援者やキャリアコンサルタントなどに対して必要な情報を提供している厚生労働省のサイトのひとつ「治療と仕事の両立支援ナビ」の「事業場における治療と仕事の両立支援のためのガイドライン」 https://chiryoutoshigoto.mhlw.go.jp/dl/guideline.p …

一般職業適性検査(General Aptitude Test Battery: GATB )とは

キャリアコンサルタントがキャリアコンサルティングを行う上で係りのある働きかた改革を推進する多様で柔軟な働きかたをかなえる制度・施策が整備されてきていること、 その制度施策に基づく具体的な支援情報を、支援を必要としている人や支援する側の立場の人・組織に周知するサイトがあること、働きかた改革を推進するためには働く人のキャリア形成支援も重要であることから、キャリア形成支援におけるキャリアコンサルティングの役割が重視され、キャリアコンサルティングの質の向上や、キャリアコンサルタントの能力向上が図られていることなど、今まで主として働きかた改革に関連した事項を中心に説明してきました。 今回からは、キャリア …

キャリアコンサルタント国家試験合格 56 | テクノファ

2018年6月に可決、成立し7月に法律公布、改正された働き方改革関連法は順次施行されています。キャリアコンサルタントがキャリアコンサルティング業務を行う上でかかわりがある法律の改正を伴うものです。この法律は多くの法律に関連していますが、キャリアコンサルタントが知っているべき主要な労働に関する8つの法律についての主な改正点は次のようになります。 1.第一条 労働基準法関係 ・フレックスタイム制の拡充 ・時間外労働の上限規制 ・年5日の年次有給休暇の確実な取得 ・高度プロフェッショナル制度の創設 ・月60時間超の時間外労働に対する割増賃金率引上げ ・労働条件の明示の方法 ・過半数代表者の選任 2. …

第11次職業能力開発基本計画(その2)|キャリコン国家試験合格2テクノファ

キャリアコンサルタント国家試験の対策を行ううえで、知っておくべき情報をお伝えします。 前回につづき、職業能力開発基本計画を紹介します。 ■第11次職業能力開発基本計画(その2) 第3部 職業能力開発の方向性と基本的施策 第2部でみた職業能力開発をめぐる経済・社会環境の変化と課題を踏まえ、以下の観点から、今後の我が国の職業能力開発を推進していく。なお、本計画に基づき施策を推進するに当たっては、適切に目標を設定し、進捗状況について把握していくこととする。 (1 産業構造・社会環境の変化を踏まえた職業能力開発の推進) (1)IT人材の育成強化 近年、Society5.0の実現に向けた経済・社会の構造 …