実践編・応用編

キャリアコンサルタント実践の要領 73 | テクノファ

投稿日:2021年6月4日 更新日:

キャリアコンサルティング協議会の、キャリアコンサルタントの実践力強化に関する調査研究事業報告書の、キャリアコンサルタントの成長モデルの考え方の、成長学習サイクルの部分を説明します。

1.成長学習サイクル
キャリアコンサルタント試験は、最低限必要な知識・技能の習得度を判定するものである。実務経験なく養成講習を修了し、試験に合格して資格を取得するという一般的なルートをたどる多くの資格者にとって、資格取得時点での能力水準はキャリアコンサルタントとしての入口に立った段階にある。
キャリアコンサルタントの質の向上に向けては、実務経験を積むこと、様々なネットワー クに所属して研鑽の機会を得ること、スーパービジョンや実力判定の機会を得て自らの成長課題を認識することに取り組みながら、更新講習によって知識・技能の維持・向上に努め、その上で資格更新を行うという学習の過程を自ら継続し、またこれを支援する環境を整備する必要がある。

何よりも実践の機会を得ることが成長のための基礎的要件であり、キャリアコンサルティングとその有効性を社会、とりわけ企業に周知することが重要である。そのうえで「実践→課題認識→学習→実践」の成長学習サイクルを、どの能力水準にあっても継続していくことが求められる。
成長学習サイクルにおける 「課題認識」はスーパービジョンを中心とする指導機会を通して行われ、「学習」は更新講習や事例検討会などの機会を通して行われるが、キャリアコンサルタントしての自らの水準と成長課題を正しく認識したうえで、必要かつ有効な学習機会や講習プログラムを選択することが重要である。したがってスーパービジョンや更新講習のレベルもまた、キャリアコンサルタントの能力水準に応じて質的に異なる内容が求められることになり、実施環境を整えていくと同時に学習者にわかりやすく示していく必要がある。

このようにしてキャリアコンサルタント資格者が到達した能力水準は、1級、2級の各技能検定試験によって判定され公的に証されることになるが、検定合格後も能力の維持・向上に向けてたゆまず学習を継続することは、変化し続ける社会、クライアントに対して質の高いキャリアコンサルティングを提供するための必須の条件である。

2.共通基盤学習と専門領域学習
キャリアコンサルタントは資格取得後、それぞれの勤務先や活動分野ごとに実践していくことになる。質の向上を実現していくためには、キャリアコンサルタント共通の基盤となる資質・能力と、それぞれの専門領域に求められる能力の両方を、継続して磨いていく必要がある。

(1)共通基盤を磨くための学習
第一の学習テーマは、働く期間の長期化等「働く」ことをめぐる大きな変化によって、これまで以上にクライアント個人の人生に深くかかわる相談が増えることから、対人専門職能として他者からの信頼を得て有効な影響力を行使できるだけの「人間力」を磨き続けることである。人間力の根底には、他者に対する誠実さ、真摯で謙虚な姿勢、あるいは人生や幸福に関する深い理解と洞察があることは言うまでもなく、「人間力」の向上は、キャリアコンサルタントへの信頼を生成するための基盤であり、最も重要な成長課題である。このテーマは、ツール、技法、テクニック等の習得では困難であり、キャリアコンサルタントとしての教養を高め続けるための研鑽の機会、そしてスーパービジョン等の全人的な教育指導を受ける機会を自ら求めることが重要である。

第二に、クライアントが自己理解を深め、問題や課題の解決に向けて主体的に意思決定できるように支援する能力を継続的に維持・向上していく必要がある。すなわち、クライアント特性の多様化や相談内容の複雑化、高度化が進む環境下にあっても、対話を通してクライアントが安心して相談できる信頼関係を築き、的確な問題把握を通して、必要かつ有効な方策を共に考えていくことができる能力の維持・向上である。これらはカウンセリングおよびキャリアコンサルティングプロセスの基盤である 「対話」と基礎技法に関する学習テーマであり、養成講習等の機会を通してこれらの基礎学習は修了している筈である。しかしながら、多くのキャリアコンサルタントが、実践を積む中で迷いをおぼえたり、知らず知らずのうちに望ましいとは言えない癖や偏りに陥る。これらを常に修正し、進化させ続ける必要があるという意味で、終わりのない学習テーマと言える。

このテーマは、特にキャリアコンサルタント資格取得後、少なくとも次回更新のタイミングまでに、経験が比較的浅いうちにスタートすることが望ましく、またテクニックや技法・ツールの学習にとどまらず、クライアントに向き合う姿勢と支援の本質を自らに問いかける内容であることが重要である。
更に技術の発達によって、面談手法という面からもAI活用面談や非対面型面談などが増加していくと考えられるが、新たな技術を面談に生かしていく観点での学習テーマも今後重要性を増すと考えられる。

第三に、キャリアコンサルタントに期待される役割変化、例えば労働法制、社会保障制度、 あるいはクライアント属性の多様化、シニア層に焦点を当てた学び直し支援の必要性といった環境変化を、タイムリーにキャッチアップすることが必要である。これらは経験の長さによらず常に更新される必要があり、最低限、知識講習等の機会によって実行される必要がある。

第四に、今後とりわけ重要になる基盤能力として、キャリアコンサルタントが自らの応答やクライアントとの関係を適切にモニタリングしてコントロールする「メタ認知能力」と、クライアントの問題を構造化してとらえ問題解決とクライアントの自律成長の双方に資する課題と方策を選択できる「見立ての力=問題解決能力」の2つがある。これらの能力を身に着けるには、キャリアコンサルティング技法の範疇を超えて心理学、認知科学や経営学などの幅広い学習が必要になると考えられる。
(つづく)A.K

-実践編・応用編

執筆者:

関連記事

キャリアコンサルタント実践の要領 10 I テクノファ

キャリアコンサルタントへの今回の相談者は、高齢者のデイホームに勤めているAさん40歳代の男性社員です。その職場は雇用更新の特別社員の所長(60歳代男性)を筆頭に、男性4名(30歳と40歳代)と女性1人の小さな拠点です。 所長は、打合わせや会議等でよく不在することが多く、相談者は女性と3人の男性と日々の業務を主に担っています。 キャリアコンサルタントへの相談内容は、所長との人間関係がうまくいかないことです。所長は、いわゆる頭脳明晰で有名進学校から国立大学を卒業しています。ただ、自身の能力を少し鼻にかけるところがあるようで、Aさんに言わせると自分を小ばかにしているとのことです。 具体的には、所長か …

高齢者支援とキャリアコンサルティング | テクノファ

テクノファは、あなた自身が輝いて働く(生きる)ためのトレーニング・講座をご提供しています。何よりも、自分の人生を自分で計画し切り開いていく、そのための自分自身が、何になりたいのか? そもそも自分は何者なのか? どうやったらなりたいものになれるのか。一つ一つを明確にすることで、地面が揺らいだときにも、急に会社の方針が変わったとしても、しっかりと地面をつかむことができ、自分の働き方をつかむことができるのです。常に成長し変化している人の成長を支援することがキャリア開発支援です。 キャリアのカウンセリング・コンサルティング・ガイダンスや、キャリア教育、人材育成など、人の成長にかかわっている方々や、部下 …

高齢者の支援について | テクノファ

このコーナーは、活躍している「キャリアコンサルタント」からの近況や情報などを発信いたします。今回はキャリアコンサルタントのT.Fさんです。 (高齢者の支援について) 今回は高齢者の就労支援について気がついたことを書かせて頂きます。さて、高齢者って何歳からでしょう。健康保険は65才から前期高齢者に、公的な機関も65才となっているようですので、その他いろいろな定義もあるかと思いますが一応65歳ということで話を進めます。 数年前に「下流老人」という新書が出版され「下流・・・」が少し流行りました。下流に陥るのは特殊な状況にある人ばかりではなく、誰でも可能性があることを示唆した内容で、これからの生活に一 …

キャリアコンサルタント養成講座3 I テクノファ

キャリアコンサルタント(通称キャリコン)の資格を取ったけれども活躍する場所がない、という話を聞きます。 厚生労働省は令和5年度末までにキャリコン10万人計画を達成するとしています。これは、安倍内閣の産業競争力会議が、平成25年末、労働力の流動化を目指し、キャリアコンサルタントの積極活用を打ち出したからです。これを受けた厚生労働省は平成27年に職業能力開発促進法を改正して、民間資格であるキャリアコンサルタントに対して、向こう5年の間に所定の登録手続きを取れば「国家資格キャリアコンサルタント」という名称独占資格を与えるという制度を始めました。一方で、厚生労働省は既に平成20年(2級)、23年(1級 …

キャリアコンサルタント実践の要領  37 | テクノファ

今回は、キャリアコンサルタントととして活躍している方の近況や情報などを発信いたします。今回はS.Sさんからです。 最近、巷では「アドラー心理学」に注目が集まっているらしい。書店に行けば入口近くの棚に平積みしてあるほどである。 キャリアコンサルタントとして、「アドラー」といえばフロイトと共に研究を行なった心理学者の一人として知られているが、行き詰まりの様相を呈している教育界の危機的現状や個人レベルにおける「生きにくさ」からすれば、何らかのヒントを求めて、いま改めて取り上げてみようという気になったのかもしれない。 (注:ここで言う教育界とは単に学校や家庭に限定せず、社会や企業一般においても同様であ …