実践編・応用編

キャリアコンサルタント実践の要領 77 | テクノファ

投稿日:2021年6月7日 更新日:

このコーナーでは、テクノファキャリアコンサルタント養成講座を卒業され、現在日本全国各地で活躍しているキャリアコンサルタントの方からの近況や情報などを発信しています。今回はM.Iさんからの発信です。
最近のキャリアコンサルタントとしての活動を通して感じていることについてお伝えします。私がキャリアコンサルタントになり10年今日の日々が過ぎてきました。

その中で、私自身の活動領域が随分変化してきていることを感じます。
一般的にキャリアコンサルタントの活動領域としては、
【人事コンサルティング】
【企業・組織内におけるキャリア開発支援】
【需給調整機関における職業相談/紹介】
【学校におけるキャリア開発及び職業相談】
などがあります。

<キャリアコンサルティング技能検定2級テキスト&問題集(テクノファ著)>について、これから何回かに分けて、私がこれまでキャリアコンサルタントとして関わってきた活動領域や今後の課題・展望について、順を追ってお話しさせていただきたいと思っています。

1)職業訓練における支援
私がキャリアコンサルタント養成講座を終了し、実務に取り組み始めた最初のころは自社が実施している職業訓練講座の中での就職活動や進路決定に関わることが主な内容でした。
履歴書や職務経歴書など応募書類の書き方や個別面談が中心でした。今振り返るとキャリア・ガイダンスの入り口といったところでしょうか。キャリア開発の理論も十分に自分のものにできておらず、日々のカリキュラムをこなし、職業訓練生の就職活動の支援をする日々でした。
ほとんどの職業訓練生が地元での就職を希望しており、地元企業を訪問しながら情報収集やネットワークづくりをしていきました。職業訓練を進めていく中で、キャリアの転換点における訓練生の心理、自己理解や人間理解力の重要性に対する理解も深まって行ったと思っており、次第にカウンセリングに関する自己研鑚も進んでいきました。

2)若者支援
次に取り組んだのが、ニート・フリーターの若者や大学の卒業生を対象にしたカウンセリングでした。これは国が実施している若者支援策の一環として行われたものです。担当したクライエントと定期的(ほとんどが毎週同じ曜日・時間)にカウンセリングをし、進路選択や就労につないでいくための支援です。
担当した数年の間にたくさんの若者と出会い、自立に向けた活動に一緒に取り組んでいました。その間に、全国の支援者が集まる場で、パネリストやファシリテーターを務めさせていただく経験もすることができ、視野も広がった時期でもあります。
同時に、他のカウンセラーのカウンセリング場面に同席させていただく機会もあり、また多くのカウンセリングを実施していく中で、カウンセリング理論を学び直し、実践することを繰り返せる恵まれた環境でもありました。この時期にカウンセラーとしての土台が作れたのではないかと思っています。

3)評価者育成への取り組み
国の「ジョブ・カード制度」の開始と同時に、職業能力開発協会の委託によりジョブ・カードの中の評価シートに関わる仕事にも取り組ませていただきました。
主な業務は評価シートの作成に関するアドバイスや企業内でOJTに関わる方への評価のやり方に関するアドバイスを行うものです。

地元の中小企業では、この制度を活用しながら人材育成をしたいと考えても、職業訓練や評価に関するノウハウを持っていない(スキルを持った人材がいない)企業が多く、制度普及のためにも、企業における評価制度の導入推進のためにも、キャリアコンサルタントとしての支援が必要な場面が多いようでした。
この活動により、キャリア開発や人材育成に関して、直接企業の方々とお会いし考え方や必要性をお伝えすると共に、企業の現状や考えもお聞きすることができました。

企業が何を求め、どんな課題を持っているのかについて知るきっかけにもなり、キャリアコンサルタントとして企業や組織に向けてどのような支援が必要なのか、そのために身につけなくてはならないスキルを整理することにも繋がっています。
さて、今回はこの辺で失礼します。
次回は大学におけるキャリア教育/キャリア開発支援についてお伝えしたいと思います。
(つづく)M.I

-実践編・応用編

執筆者:

関連記事

キャリアコンサルタント実践の要領 95 | テクノファ

このコーナーは、テクノファのキャリコンサルタント養成講座を卒業しキャリコンサルタントとして活躍している「キャリコンサルタント」からの近況や情報などを発信いたします。今回はS.Sさんからの発信です。 「人生の午後」~ 再構築に向けて ~ 今年も半分が過ぎてしまった。なんというか・・時間の感覚がおかしい。 「あはは、もう50歳になってしまったねえ・・どうすんだよ」と同年齢の友人と笑っていたのが昨日のことのようだが、いつの間に10年近い歳月が流れてしまっている。なんと早いことか・・どうやら、年齢を重ねるほどに時間感覚がどんどん短くなってゆくものらしい。 小学校の6年間は、とっても長かった。 中学の3 …

キャリアコンサルタント実践の要領 149 | テクノファ

新型コロナウイルス感染症は、私たちの生活に大きな変化を呼び起こしました。キャリアコンサルタントとしてクライアントを支援する立場でこの新型コロナがどのような状況を作り出したのか、今何が起きているのか、これからどのような世界が待っているのか、知っておく必要があります。ここでは厚生労働省の白書からキャリアコンサルタントが知っておくべき情報をお伝えします。これからキャリアコンサルタント養成講座を受けようとする方、キャリアコンサルタント国家試験を受けようとする方、キャリアコンサルタント技能試験にチャレンジする方にもこのキャリアコンサルタント知恵袋を読んでいただきたいと思います。 6.労働時間法制の見直し …

キャリアコンサルタント実践の要領 145 | テクノファ

新型コロナウイルス感染症は、私たちの生活に大きな変化を呼び起こしました。キャリアコンサルタントとしてクライアントを支援する立場でこの新型コロナがどのような状況を作り出したのか、今何が起きているのか、これからどのような世界が待っているのか、知っておく必要があります。ここでは厚生労働省の白書からキャリアコンサルタントが知っておくべき情報をお伝えします。これからキャリアコンサルタント養成講座を受けようとする方、キャリアコンサルタント国家試験を受けようとする方、キャリアコンサルタント技能試験にチャレンジする方にもこのキャリアコンサルタント知恵袋を読んでいただきたいと思います。 4)□ 社会的養護に関す …

キャリアコンサルタント実践の要領 170 | テクノファ

新型コロナウイルス感染症は、私たちの生活に大きな変化を呼び起こしました。キャリアコンサルタントとしてクライアントを支援する立場でこの新型コロナがどのような状況を作り出したのか、今何が起きているのか、これからどのような世界が待っているのか、知っておく必要があります。ここでは厚生労働省の白書からキャリアコンサルタントが知っておくべき情報をお伝えします。これからキャリアコンサルタント養成講座を受けようとする方、キャリアコンサルタント国家試験を受けようとする方、キャリアコンサルタント技能試験にチャレンジする方にもこのキャリアコンサルタント知恵袋を読んでいただきたいと思います。 1 戦没者遺骨収集事業及 …

キャリコンサルタント実践の要領 62 | テクノファ

前回に続きキャリアコンサルティング協議会の、キャリアコンサルタントの実践力強化に関する調査研究事業報告書の、スーパービジョンのモデル実施及びアンケート・実施報告書の分析の部分の、今回のスーパービジョン実施後の自身の課題解決から記述します。 ②―3今回のスーパービジョン実施後の自身の課題解決 スーパービジョンのモデル実施に係るアンケート(スーパーバイジー:キャリアコンサルタント用)内の、「今回のスーパービジョン実施後の自身の課題認識」15項目について、平均値を計算した。回答は、「1:つながらなかった、2:あまりつながらなかった、3:どちらでもない、4:ややつながった、5:つながった、6:扱わなか …