国家試験

キャリアコンサルタント国家資格合格 指導者レベル I テクノファ

投稿日:2020年9月1日 更新日:

「指導者レベルのキャリアコンサルタント」に求められる能力要件としては、厚生労働省の委託を受けた中央職業能力開発協会のキャリアコンサルティング研究会の報告にまとめられている指導ベルのキャリアコンサルタントの特長が参考になりますので、ここではその報告書で述べられている内容を記しておきます。 なお、これもキャリアコンサルティング技能検定1級試験における試験範囲になります。

基本的には次の能力が求められます。
・キャリアコンサルタントティングの普及促進に指導的な役割を果たすこと。
・労働市場インフラ(基盤)であるキャリア形成支援システムの中核を担うこと。
・他のキャリアコンサルタントの模範として、相応の社会的機能とこれを裏付ける能力があること。

このため、「指導者レベルのキャリアコンサルタント」には、一対一の支援を中心とした「キャリアコンサルティング機能」に加え、他のキャリアコンサルタントを「指導する機能」、組織への働きかけや関係者との連携等の「コーディネート機能」が求められます。
これらの機能・役割を果たすためには;
①体系的かつ詳細な知識、
②適切かつ安定的なスキル
③思考・行動特性
を有していることが必要とされ、指導者にふさわしい能力が求められます。

またキャリアコンサルティングの主要な対象領域である企業領域、教育機関領域、需給調整機関領域のうち複数の領域の課題解決ができる専門性、自己研鑽の観点から継続的に学習する姿勢、他のキャリアコンサルタントを指導する立場のキャリアコンサルタントとしての適性も求められます。
指導レベルのキャリアコンサルタントを判定するための1級技能検定が把握する能力として、具体的に以下のような要件が上げられています。
1.キャリアコンサルティング能力
キャリアコンサルティングは、キャリアに関する課題・問題を解決するために行われる相談・支援であり、「個人が、その適性や職業経験等に応じて自ら職業生活設計を行い、これに即した職業選択や職業訓練等の職業能力開発を効果的に行うことができるよう個別の希望に応じて実施されるその他の支援」ですが、指導者レベルでは、熟練レベルより高い水準のキャリアコンサルティング能力が求められます。

2.指導能力
指導者レベルでは、他のキャリアコンサルタントを指導する能力が必須となります。現場で期待される指導ニーズとしては、キャリアコンサルティングの実施が困難なケースについて「相談を受けられる」、「アドバイスを受けられる」等があり、このような現場のキャリアコンサルタントからの相談に対して、的確な指導・アドバイスを行うことが求められます。

3.コーディネート能力
組織に対する働きかけや関係者との連携等ができる能力です。領域間の連携、専門家へのリファーだけでなく、企業内の能力開発制度やプログラム、教育機関のキャリア教育プログラムの設計・運営・評価等ができる能力が必要です。

4.思考・行動特性
ここでいう思考・行動特性とは、知識やスキルという観点のみでは表しきれない「必要な知識やスキルを総合的かつ効果的に使いこなし、クライエントへの返答や接する態度等に表される思考・行動特性」です。特に、指導レベルでは指導能力、コーディネート能力に関する思考・行動特性が重視されます。

以上が「指導者レベルのキャリアコンサルタント」に求められる能力です。
(つづく)A.K

-国家試験

執筆者:

関連記事

キャリアコンサルタント国家試験合格 198 | テクノファ

キャリアコンサルタントがキャリアコンサルティングを行う際に必要な知識とそれを補う資料について、メンタルヘルス、自殺・過労死、ハラスメント等に関する知識、資料について説明していますが今回は、令和3年版過労死等防止対策白書について前回の続きから説明します。 ここからは、新型コロナウイルス感染症が労働者の肉体的な負担や精神的な負担にどのような影響を及ぼしたかについてみる。「医療業」、「社会保険・社会福祉・介護事業」、「小売業(生活必需物資等)」、「建設業(総合工事業等)」、「製造業(生活必需物資等)」、「運輸業(道路旅客・貨物運送業等)」、「卸売業(生活必需物資等)」、「銀行・保険業」、「宿泊・飲食 …

キャリアコンサルタント国家試験合格 15  I テクノファ

国家試験機関である「キャリアコンサルティング協議会」は、平成30年3月の「キャリアコンサルタントの能力要件の見直し等に関する報告書」に合わせて「キャリアコンサルタント試験の出題範囲」を改定しました。 新「キャリアコンサルタント試験の出題範囲(キャリアコンサルタント試験の試験科目及びその範囲並びにその細目)」の適用は2020(令和2)年度からの試験となっています。 前回に続き「試験科目及びその範囲の細目」その3を説明します。 7 学校教育制度及びキャリア教育の知識 キャリアコンサルタントは、学校教育制度や、初等中等教育から高等教育に至る学校種ごとの教育目標等、青少年期の発達課題等に応じたキャリア …

キャリアコンサルタント国家試験合格 29-2 | テクノファ

国家試験機関「キャリアコンサルティング協議会」は、平成30年3月の厚生労働省の見直しに合わせて「キャリアコンサルタント試験の出題範囲」を改定しました。新「キャリアコンサルタント試験の出題範囲(キャリアコンサルタント試験の試験科目及びその範囲並びにその細目)」の適用は、2020年度(令和2)からの試験となっています。 過去問ではいろいろな法律の理解が問われます。キャリアコンサルタントを目指す方は法律を理解するに、まず(目的)第1条又はそれに準じる条文を読んでおくことが必要です。併せて、第2条以下の概要を把握しておきましょう。 【問 く】 学校教育法が定める高等学校教育の目標として、最も適切なもの …

キャリアコンサルタント国家資格合格 熟練レベル I テクノファ

キャリアコンサルティング技能検定2級試験は、「熟練レベルのキャリアコンサルタント」に求める能力判定の試験です。 「標準レベル」に該当するキャリアコンサルタントの場合には、キャリアコンサルティングの実務経験は問われません。国家資格試験に合格し登録した人はキャリアコンサルタントを名乗ることができます。しかし、この場合は国家資格試験に合格したというだけであり、実態としてはキャリアコンサルティングの実務経験がある人もいれば、実務経験がまったくない人もいます。それではキャリアコンサルティングの質を確保することが難しいので、 厚生労働省は「事実上の標準レベル」として熟練レベルを設定しています。 「熟練レベ …

キャリアコンサルタント国家試験合格 32 | テクノファ

国家試験機関「キャリアコンサルティング協議会」は、平成30年3月の厚生労働省の見直しに合わせて「キャリアコンサルタント試験の出題範囲」を改定しました。新「キャリアコンサルタント試験の出題範囲(キャリアコンサルタント試験の試験科目及びその範囲並びにその細目)」の適用は、2020年度(令和2)からの試験となっています。 ここでは、新「キャリアコンサルタント試験の出題範囲(キャリアコンサルタント試験の試験科目及びその範囲並びにその細目)」に焦点を合わせて、分野ごとに過去問を中心に勉強をしていきたいと思います。ここ一連は労働法関係の過去問を勉強しています。 労働法関係については、「キャリアコンサルタン …