基礎編・理論編

キャリアコンサルタント養成講座13 I テクノファ

投稿日:2020年5月20日 更新日:

- リファーできるフォローアップの重要性 -

キャリアコンサルタント養成講座の12日間だけで本当に「本物のキャリア・カウンセラー」になれるかというとそれは違います。12日間の講座を受けて首尾よく合格したとしても、その時点ではキャリア・カウンセラーとしての出発点に立ったにしか過ぎません。さらにその後、キャリア・カウンセラーの資格を取得したあとでも「本物のキャリア・カウンセラー」を目指して、スーパーバイザーの指導を受け、さらなるスキルアップを図ることが必要だと思います。テクノファでは、そのようなフォローアップコースのステップを順次踏んでいただくために、有資格者を対象としたインターンシップをカウンセリングルームの運営と併せてシステム化しています。

また、我々だけでは出来ませんが、キャリア・カウンセラー、キャリアコンサルタントの言葉の定義がはっきりしませんので、これらに携わっている団体、業界の皆さんと協力してある程度はっきりさせていけないかと思います。今までこの世界で活動されてきた先人の方々の実績、思いがまずは重要ですし、関係する人たち、社会が受け入れられるような議論と集約が必要だと思います。

我々養成講座運営組織は、何故キャリアコンサルタント養成講座を運営するのか、我々がキャリア・カウンセリングの方法を勉強する意味をきちんと認識し、5年、10年先の社会のニーズを踏まえて、今日すべきことを議論し実践していく必要があると思います。そのような動きの中に我々も積極的に参画し、テクノファとしての特長を活かしたキャリアコンサルタント養成講座にしていきたいと思います。テクノファは、キャリアコンサルタントの資格が先にありきではなくて、何のためにキャリアコンサルティングあるいはキャリア・カウンセリングが必要なのかを掘り下げて、受講される一人ひとりと考えていきたいと思っています。キャリア開発の何たるかをちゃんと知っていただいた上で、それがあるからこそキャリアコンサルティングあるいはキャリア・カウンセリングが必要になってくるんだということを受講者皆さんと是非共有していきたいと思っています。

我々のキャリアコンサルタント養成講座は、単に一対一のカウンセリングができればいいというのではありません。それも含めて、組織内へのキャリア開発の導入・実践ができる人材、チェンジ・エージェントとしての機能を果たすことができる人材育成を目的と考えています。講座の内容そのものは現時点で変える必要はないと考えますが、講座修了後のフォローアップ、アドバンスコースの充実を図っていきたいと思います。具体的には、事例研究(ケーススタディ)をレベルアップさせていく必要があると思っています。これは、キャリアコンサルタント養成講座を修了された方々を対象にしたフォローアップコースとして、ケース記録のまとめ方やロール プレイ(事例研究)、そしてインターンシップ(カウンセリング実習)を通じてキャリア・カウンセラーとしての実践力を養成する体系化されたプログラムです。例えば、アサーショントレーニングのような、ヒューマン・ スキル(人間理解能力)を磨いていく、深めていくコースも当然必要になります。

渡辺三枝子先生からは次のようなアドバイスを頂いています。

「キャリア・カウンセラーとしての面談のスキル・コンピテンシーをちゃんと持っている人は少ない。キャリアの範囲でとどまるべきなのか、リファー※すべきか そうでないかの判断がきちんとできない人たちが多い」とおっしゃられています。

※ リファー(refer):「参照する」が原意であるが、キャリアコンサルタントの世界では「自分では力になれないと感じられるクライアント(相談者)を、よりふさわしい人に申し送りする(紹介する)こと」です。

カウンセリングをしていて、メンタル面で精神科医の診断が必要だと感じられた場合は医者にリファーします。

リファーをきちんとできるようにしていくためのトレーニングも必要です。このようなトレーニングは、ロールプレイが非常に重要になってきます。例えば産業医の方を入れて、尚且つスーパーバイザーの方の協力を得ながら、その人のカウンセリングプロセスをきちんと評価して、スキルアップを図るためのトレーニングがアドバンスコースです。

フォローアップコースを通じて、総合的な力をつけていっていただく必要があるだろうなと思っていますが、これはテクノファだけでは出来ないことですので、いろいろな方に協力を得ながら、なお高いレベルを目指していきたいと思っています。「熟練レベルのキャリアコンサルタント」に求められる能力要件は、このようなきちんとリファーできるトレーニングプラグラムから受講生のスキルアップができるのではないかと思っています。(平林良人)

(つづく)

-基礎編・理論編

執筆者:

関連記事

キャリコンサルタント養成講座 96 | テクノファ

横山哲夫先生の思想の系譜 横山哲夫先生は、個人が人生を通じての仕事にはお金を伴うJOBばかりでなく、組織に属していようがいまいが、自己実現のためのWORKがあるはずであるとキャリコンサルタント養成講座の中で強調されていました。そして数多くの著書を世の中に送り出しています。 今回はその中からキャリコンサルタントが知っていると良いと思われる「組織文化とリーダーシップ」を紹介します。 本記事はエトガー・H・シャインの著作「組織文化とリーダーシップ」を横山先生が翻訳されたものです。横山先生はシャインが2006,7年頃(記憶があいまいですみません)来日した時の立役者(JCC:日本キャリア・カウンセリング …

キャリアコンサルタント養成講座 128 | テクノファ

今回は、エドガー・H、シャイン著「組織文化とリーダーシップ」翻訳紹介の間に、横山さんの講演録を入れさせていただきます。この講演録は2010年3月にキャリアコンサルタント協議会が収録したもので、連続した講演を4回に分けて紹介しますが、今回はその4回目をお送りします(3回に分けてお送りします)。この講演はACCN(オールキャリアコンサルタントネットワーク)もサポートしておりキャリアコンサルタントの方にはぜひ聞いていただきたいものです。 横山哲夫先生講演録 その4-1 はい。次の3番目に行きます。キャリア開発というのは対人競争じゃないのですよ。出世競争じゃないのですよ。ええ~っと仰る方はあるかもしれ …

キャリアコンサルタント養成講座5 I テクノファ

テクノファがキャリアコンサルタント養成講座の展開を模索していた10数年前、既にキャリアコンサルタント養成講座は12機関もありました。しかし、当社の担当事務局に調べてもらうと必ずしもチャレンジできないことはない、まだ参入のチャンスはありそうだということでした。そうは言っても先行する各社さんが種々築いているノウハウは我々には窺い知れないものでしたので、社会に貢献できるのか正直戸惑いもありました。しかし、組織のマネジメントシステムの中心にいるのは人であり、その組織の多くの人は世の中の激しい変化に対応できずにいる現状をなんとかしたいとの「思い」は強いものでした。 テクノファはISOマネジメントシステム …

キャリアコンサルタント養成講座 24 I テクノファ

横山哲夫先生の思想の系譜1 横山哲夫先生が2019年6月に逝去されて来年は3回忌になります。テクノファでは2004年に先生のご指導でキャリコンサルタント養成講座を立ち上げさせていただいて以来、今年まで実に14年もの間先生の思想に基づいた養成講座を開催し続けさせてきました。 先生はモービル石油という企業の人事部長をお勤めになる傍ら、組織において個人が如何に自立するか、組織において如何に自己実現を図るか生涯を通じて研究し、又実践をされてきた方です。 先生は、個人が人生を通じての仕事にはお金を伴うJOBばかりでなく、組織に属していようがいまいが、自己実現のためのWORKがあるはずであるという鋭い分析 …

キャリアコンサルタント養成講座 93 | テクノファ

横山哲夫先生の思想の系譜 横山哲夫先生が2019年6月に逝去されて今年は3回忌になります。テクノファでは2004年に先生のご指導でキャリコンサルタント養成講座を立ち上げさせていただいて以来、今年まで実に16年もの間先生の思想に基づいたキャリコンサルタント養成講座を開催し続けさせていただきました。 横山哲夫先生はモービル石油という企業の人事部長をお勤めになる傍ら、組織において個人が如何に自立するか、組織において如何に自己実現を図るか生涯を通じて研究し、又実践をされてきた方です。 横山哲夫先生は、個人が人生を通じての仕事にはお金を伴うJOBばかりでなく、組織に属していようがいまいが、自己実現のため …

2022年1月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031