実践編・応用編

うつ病を自覚したクライエント I テクノファ

投稿日:2020年5月25日 更新日:

仕事や人間関係に行き詰まり、自分がうつ病であることを自覚しないままキャリアコンサルティングの面談に訪れる人が多くなっています。厚生労働省のサイトによると、うつ病など気分[感情]障害(躁うつ病を含む)患者は、平成14年は71.1万人、平成29年は127.6万人と16年で倍近くまで増加しています。 この数値の伸びに比例するようにうつ病の症状のある人との面談の機会が増えてきたということでしょう。

今回はうつ病を発症した人との面談事例を紹介します。相談者は30代後半の女性Aさんです。Aさんとは以前にも面談したことがあります。当時の面談内容は次のようなものでした。

Aさんは、新卒で地元の中堅企業に勤め、庶務作業を長年にわたり行っていました。勤めていた企業は、中堅企業にはよくありますが、明確なステップアップの規定はなく、特に女性社員に対してはその傾向が顕著なものでした。

年に2回、上司との面接で目標設定と成果確認を行う人事評価制度はありますが、そのことが機能していないとAさんは感じていました。Aさんは、会社内の他の女性社員と比べて、仕事面給与面で差がつくこともないので特に不満もなく、仕事に対する特別な思いもなかったようです。しかし部署の異動をきっかけにしてキャリアコンサルの面談を思い立ちました。

Aさんが異動した先は、社内の業務をコンピューターシステム化して維持管理する部門で、女性はそこでも庶務作業を行っていましたが、職場内の自分の作業と他の人の作業に違いがあることに違和感を持ち、庶務作業だけでこの先もやっていけるのかという漠然とした不安を抱き、面談を希望しました。

面談を思い立った時点で、本人に何かしないといけないという思いがあったため、面談によりその思いを明確な行動目標にし、目標達成のために具体的な手段を考えることができたと喜んでいました。

その後Aさんは目標を具体化するために、新しい職場で庶務作業のかたわら、運用している会計システムを維持管理できるように、簿記の講習を受け簿記資格をとる、減価償却のシステムを維持管理できるように、減価償却制度を学ぶ、またコンピューター言語を習得し、プログラムの解析や作成を行うなどしてコンピューターシステムの維持管理業務を行うなど、着々と新しい世界を開いているようでした。

Aさんから最近また面談依頼があり、次のステップへの手伝いができればと思っていました。今回の面談の主な内容は、前回の面談以後は目標設定しそれを実現するために行動してきたが最近は何をしたらよいか考えられない、今までのように仕事を続けていくことが出来なくなってしまったように感じるため、以前のような前向きな感覚を取り戻したいというものでした。

以前の面談記録を参考に、その時の面談内容、面談後の目標達成の成果について語ってもらうなどして、自信をもって次のステップに進めるようにしましたが、話が普段の生活面になった時に不眠、食欲がない、疲労感がある、意欲がわかないなどの話がAさんから聞かされました。その後Aさんは不眠、食欲がない、疲労感などを主訴として通院しましたが、仕事に対しての意欲低下、不安感があることを担当医に伝えて、心療内科等を受診し、初めてうつ病であることを告げられました。Aさんがうつ病に至った経緯は定かではありませんが、面談中の話題の中に発症要因の一つではないかと推測する事項がありました。

Aさんは、前回の面談後になりたい自分を目指して、着実にキャリアアップしてきたことはすでに書きましたが、その時の面談で注意点として高い目標設定をすることはよいが、そこに至るための過程の目標実現手段は無理のないもので何度でも見直しができるものを設定し、また見直しを行うよう話をしてきました。

Aさんはそれに従い、目標、実現手段などを自己管理してきました。ところが新しくその職場に異動してきた管理職の上司が、職場の活性化を図るために、コーチングの手法を取り入れるという方針を打ち出しました。方針はよかったのですが、問題はこの管理職が、本から得たうわべだけの知識をもとにコーチングと称して行動したことにありました。

その結果、その職場では自己評価を下げるに至ったメンバーの中から退職者まで出すという結果を招いてしまったようです。Aさんも誤ったコーチングを受け、自分にはなにもできそうもないと思い込むまでに追い詰められたことが、うつ病を発症する1つの要因になったのではないかと推測しています。Aさんはこのような状況で、以前面談を受けたことで前向きになれたことを思い出して、実際に面談に来ることができたため、うつ病に気が付くことができました。この事例のように自分がうつ病であることに気付かずに、仕事や生き方に行き詰まりキャリアコンサルティングを受けようとする人がいることにも注意しなければなりません。このような場合には早く気付いて適切なアドバイス(キャリアコンサルタントは自分で踏み込まず専門医に相談することが大切、今回の場合はAさん自身が担当医を経由して心療内科で見ていただいたので良かったです)ができることもキャリアコンサルに求められていると感じている昨今です。(A.K)

 


							

-実践編・応用編

執筆者:

関連記事

キャリアコンサルタント実践の要領 92 | テクノファ

これまで回を重ねて説明してきた働きかた改革に関する諸議題の説明の中で何度か触れましたが、少子高齢化に伴う人口減少と労働力不足への対応、人生100年時代が見据えられる中で、個人の職業生活の長期化が予想されることへの対応などが求められており、働く人へのキャリア形成支援が緊急を要する課題となっていますが、キャリアコンサルタントのノウハウは十分に確立しているとはいえません。この問題に対処してキャリアコンサルタント、キャリアコンサルティングの質向上を図るために、厚生労働省委託事業として、特定非営利活動法人キャリアコンサルティング協議会は、キャリアコンサルタントのノウハウ開発などを行い、「平成29年度 厚 …

キャリアコンサルタント実践の要領 99 | テクノファ

キャリアコンサルタントが、個人あるいは個人を取り巻くもの(企業、就職支援機関、教育能力開発機関、地域、家族など)に対して適切なキャリアコンサルティングを行うには、キャリアコンサルタントに係る制度・施策、関連する情報などについて最新で正確な情報を有していることが求められていますが、キャリアコンサルタントに直接かかわる制度・施策に関する情報や、制度・施策を利用するためのサポート情報の他にも、キャリアコンサルタントに係ると思われる社会経済動向に関して、常に最新の情報を基にキャリアコンサルティングをすることが求められています。今回は前回に続き社会経済動向に関する情報として男女共同参画白書について説明し …

キャリアコンサルタント実践の要領 12 I テクノファ

キャリアコンサルタントの知識の実践 前回までは、キャリアコンサルタント基礎編・理論編としてカウンセリングの基本を説明してきましたが、今回はジャンルを変え、キャリアコンサルタント実践編・応用編としてアサーション、グループワークなどカウンセリングの基礎的スキルに関して説明をします。 ■アサーション キャリアコンサルティングの相談において、キャリアコンサルタントは的確なフイードバックができることに加えて、適切な助言や提言ができることも求められる場合があります。そのためには、積極的傾聴のスキルに加えてアサーションも必要となります。 アサーションとは、アサーティブの動詞ですが、いわゆる日本語の自己主張と …

キャリコンサルタント実践の要領 48 | テクノファ

今回はテクノファキャリアコンサルタント養成講座の卒業生小西理子さんの「私がキャリアコンサルタントになってできるようになった12のこと」を2回にわたってお伝えします。 私がキャリアカウンセラーになってできるようになった12のこと その2 ・時間の使い方を自分で決められるようになった 休息が必要であれば休息を取ればいいし、自分の仕事や希望があるなら、そのことに時間を確保するようになりました。仕事上で私がした工夫としては二つありましたが、自分のやりたいことにかかる時間の目安を立てて、それ以外のことは完成度よりも残りの時間の中で片付けるのを優先することと、明日に回して構わないことを今日残業してまでやら …

キャリアコンサルタント養成講座4 I テクノファ

テクノファキャリコン養成講座を修了してから、私は毎日多くの相談を受けていますが、その中から1つ事例を紹介したいと思います。 会社内で仕事をする中で、辛いことは日々誰でもありますが、人間関係がうまくいかないことは、この上ない苦痛になります。 相談者は、40歳代の女性社員Aさん、物流会社のその職場は、新任の所長(50歳代男性)を筆頭に、男性2名(30歳代と40歳代)の4人の小さな営業所です。 所長は、打合わせや会議等でよく不在することが多く、相談者のAさんと2人の男性が日々の業務を主に担っていました。彼女は、経理を担当しており、また電話応対もこなしていました。 相談内容は、所長との人間関係がうまく …

2022年1月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031