実践編・応用編

キャリアコンサルタント実践の要領 89 | テクノファ

投稿日:

このコーナーは、テクノファキャリコンサルタント養成講座を卒業して活躍している「キャリコンサルタント」の方からの近況や情報などを発信いたします。今回のキャリコンサルタントの方はM.Iさんです。

テクノファでは定期的にキャリコンサルタント養成講座が実施されています。この講座は、昨年に引き続き、今年も私の地元からの参加者がいらっしゃいます。

この方との出会いは、私が企業におけるキャリア開発支援の一環で訪問させていただいたことがきっかけでした。
その後、キャリア開発に強い関心を持たれ、職場からの要請もあり、私たちと一緒に学習を積んでこられました。学習する過程で、コース修了者との情報交換や、基本的な理論・知識を学び、やがて本格的な学習を進めていきたいと思うようになったようです。

そしてキャリコンサルタント養成講座受講の気持ちが膨らみ、職場の支援も得ることができ、今回の受講に繋がりました。ご本人もですが、経営陣のこの講座への期待が大きく、現在毎週地元から会場の川崎に通学されていらっしゃるのです。

このように地元でも確実に、キャリア開発/キャリアカウンセリングに取り組んでいこうとする仲間が増えていくことがとても嬉しいです。

さて、私がキャリコンサルタントとしての活動を通して感じていることについてお伝えすることの第二弾です。今回は大学とのかかわりについて書いていきます。

一般的に、大学でキャリコンサルタントが担っている役割としては、
*キャリアセンター等で学生たちを対象にした相談業務
*キャリアデザイン科目等の講師
といったものが主な分野になるのではないでしょうか。

私は地元の私立大学で非常勤講師を担当させていただいています。そもそものきっかけは、導入レベルのキャリコンサルタント養成講座で大学の教授と出会い、大学における学生たちのキャリア開発支援に関する現状や課題をお聞きする機会があったことでした。

その時は「いつかお役にたてることがあれば、連絡ください」くらいのことで終わったのですが、数年後、学外にサテライトオフィスを設置するということでご連絡をいただきました。そこでは、卒業生を対象に就職活動、離転職の相談などを中心にした担当しました。このオフィスでの3年間でたくさんの卒業生と出会い、それぞれの現実や思いに触れながら、地方都市でキャリコンサルタントとして活動していく上で必要なことに気づくことができ、その後の実務上のヒントにもなっています。

またサテライトオフィス勤務3年目からは、大学におけるキャリアデザイン科目のうち「コミュニケーション力育成」「社会人の仕事術」という二科目の講師も務めさせていただくことになりました。私は学生時代に高校の教諭を目指していた時期もあり、いつか教壇に立てたらという漠然とした思いはあったのですが、まさか、キャリアコンサルタントとして大学の非常勤講師を務めることになるとは想像もできない出来事でした。

大学の講義はシラバスに基づいて進んでいきますが、それぞれの講義の事例や資料、ワーク等の内容については任せていただき、日ごろから考えていた「学生として身につけて欲しい能力」に気づき、習得できるような内容を心がけ取り組んでいきました。
特に伝えていきたい内容は「内的キャリア」「自己決定・自己責任」といった考え方をベースに置き、学生時代に取り組んでほしいキャリア開発についてのものでした。
解説や個人作業、グループワークを通しての対話式の講義は、学生たちにとって未経験の部分が多く、新鮮な驚きを感じた学生も多かったようです。

当初は、全く未経験な大学での講義に慣れず、戸惑うことも多く、学生たちとも十分な交流ができたかは自信がありませんでしたが、後日色々と感想を教えてくれた学生もいて、卒業後もSNSなどを通して繋がっています。
現在は教員を目指す学生を対象にした「職業指導」の講義も担当しており、彼らが実際に教育現場で実施していくキャリア教育についても、更に研究していく必要性を感じています。

その点では、NPO日本キャリアカウンセリング研究会で行われている大学での実務者同士での交流は貴重なものです。他の方々の実践例をお聞きすることもあり、その背景や大学での環境、学生たちの生の様子、抱えている課題など話題が尽きることがありません。講義における学生とのやりとりやテーマ設定等についてのヒントを得ることも多いです。やはり、同じ立場の専門家同士で交流することが、とても重要なことだということを実感します。

また、大学内においても、他の先生方や職員の皆さんへもキャリア開発の重要性と可能性について伝え、広げていくことが今後の課題にもなっていきそうです。また、企業の経営や人事に携わっている方々との交流もありますので、教育現場の様子を伝えたり、教育現場への要望をお聞きしたりすることも増えてきました。
偶然にも教育現場と社会との間をつなぐ場所に立っていることもあり、今後は今の立場で地域におけるキャリコンサルタントとしての役割を見つけ、果たしていきたいと思っています。
(つづく)K.I

-実践編・応用編

執筆者:

関連記事

キャリアコンサルタント実践の要領 136 | テクノファ 

新型コロナウイルス感染症は、私たちの生活に大きな変化を呼び起こしました。キャリアコンサルタントとしてクライアントを支援する立場でこの新型コロナがどのような状況を作り出したのか、今何が起きているのか、これからどのような世界が待っているのか、知っておく必要があります。ここでは厚生労働省の白書からキャリアコンサルタントが知っておくべき情報をお伝えします。これからキャリアコンサルタント養成講座を受けようとする方、キャリアコンサルタント国家試験を受けようとする方、キャリアコンサルタント技能試験にチャレンジする方にもこのキャリアコンサルタント知恵袋を読んでいただきたいと思います。 □ 住居確保給付金 新ウ …

キャリアコンサルタント実践の要領 7 I テクノファ

この記事は「キャリアコンサルタント実践の要領4」に引き続きキャリアガイダンスの実践についてお話しをします。これから社会に出る高校生、大学生に向けての職業紹介から、企業に勤め今の仕事に適性を感じない人に向けてのキャリア開発・形成の支援までいろいろな実践分野があります。この領域でのキャリアコンサルティングでは、クライアントの自己実現を基本におくことが重要です。 文科省は、高校学習指導要領で「将来の生活において自己を実現する能力を育てる」などの表現を用いて、自己実現の能力の重要性を強調しています。 2.職務分析と職務調査 職務分析は、その職務の担当者、管理・監督者、あるいはその職務に詳しい人に面接を …

キャリアコンサルタント実践の要領 129 | テクノファ

新型コロナウイルス感染症は、私たちの生活に大きな変化を呼び起こしました。キャリアコンサルタントとしてクライアントを支援する立場でこの新型コロナがどのような状況を作り出したのか、今何が起きているのか、これからどのような世界が待っているのか、知っておく必要があります。ここでは厚生労働省の白書からキャリアコンサルタントが知っておくべき情報をお伝えします。これからキャリアコンサルタント養成講座を受けようとする方、キャリアコンサルタント国家試験を受けようとする方、キャリアコンサルタント技能試験にチャレンジする方にもこのキャリアコンサルタント知恵袋を読んでいただきたいと思います。 ■ 孤立の深刻化への対応 …

キャリアコンサルタント実践の要領 6 I テクノファ

キャリコンサルタントの実践のシリーズです。前回の実践の要領5ではグループカウンセリングについて、その背景、個別カウンセリングとの違いを説明しました。引き続きグループカウンセリングに関しての説明をします。 3)グループアプローチの種類 キャリアコンサルタントとして知っておくと良いことに、グループアプローチの種類があります。1946年のグループ・ダイナミックス研究所の研究がきっかけで始められた感受性訓練(ST : Sensitivity Training)が始まりとされています。その後、1950年にはNTL (National  Training  Laboratory)が設立され、本格的な研究が …

キャリアコンサルタント実践の要領 131 | テクノファ

このコーナーは、テクノファの卒業生で活躍しているキャリアコンサルタントからの近況や情報などを発信しています。今回は2人のキャリアコンサルタントの便りをお送りします。最初はS.Sさんからの便りです。 「自分と向き合うための時間」 僕は電車を利用する機会が多いのだが、よく通勤帰りの男性が座席で寝ている光景を目にする。まだ19時を過ぎたばかりである。眉間に皺を寄せて目をつむっているのだが、本当に眠っているのか、または何もすることがないからそうしているだけなのかは判らない。激務に追われて疲れが溜まっているのかもしれないし、どこか具合が悪いのかもしれないので一概に決めつけることはできないが、同じように瞼 …

2022年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930