実践編・応用編

キャリアコンサルタントの活動領域 I テクノファ

投稿日:2020年9月3日 更新日:

キャリアコンサルタントの活動領域―企業領域
厚生労働省の「キャリアコンサルティング研究会」の「キャリアコンサルタント自身のキャリア形成のあり方部会」の報告書では、キャリアコンサルタントの働く分野に「活動領域」という言葉が使われ、企業領域、需給調整機関領域(就職支援領域)、教育領域、地域領域として分類されています。

キャリアコンサルティングの制度を構築するにあたり想定した活動領域、制度実施後の実際のキャリアコンサルティングの活動領域を、中央職業能力開発協会の熟練検討委員会が整理した、実践フィールドの違いによる熟練レベルのキャリアコンサルタントの特長、中央職業能力開発協会の指導レベルキャリア・コンサルタント制度設計の必要性、労働政策研究・研修機構の労働政策研究報告書などを引用しながら説明します。

1.企業領域(人事コンサルティング・サービス)
この領域は、企業組織における人材育成であり、企業にとって最も重要な人材の効果的な活用につながるため、キャリアコンサルタントとして遣り甲斐のある領域であると言えます。この領域のキャリアコンサルタントには企業・組織における人事に関する専門的な知識に加えて、人材育成に関する専門的な知識も求められます。
組織従業員のキャリア開発・形成支援は、組織構造、マネジメントシステム、業務割り当て、さらに人事考課などにも関係し、さらに個別の面談にも及ぶ幅広く、かつ深く掘り下げる力が求められます。
さらに『「キャリアコンサルティング研究会」報告書』には、実際に社内で相談を担当しているキャリアコンサルタントの意見として、組織内のキャリアコンサルタントに必要な要件としては「仕事ができること」、「人を支援することに喜びを感じること」、 「人の話を聴けること」、「勉強すること(自己研錯)に前向きなこと」などが上げられています。

以下、報告書にまとめられた具体的な活動例をもとに、そのポイントを説明します。
①社内のキャリア形成支援の体制・環境を整備すること(能力開発制度の設計・運用・評価への参画・支援)。
→経営人事全般についての知識が求められます。

②現場(特にマネジャー)を啓発すること。
→この啓発活動とは、ヒユーマン・スキルを習得させ、問題解決の間接的な支援をすることです。実際に解決をするのは当事者ですから、当事者に問題解決能力を習得させる必要があります。

③組織内で活動する場合は、人事部門とは独立した役割を担い、客観的なキャリア開発・形成支援の見地に立って、人事担当者と効果的に連携すること。
キャリアコンサルタントが企業の社員である場合、このスタンスがしっかりしていることが大切です。

④個人主導の主体的なキャリア開発・形成の重要性を普及促進すること。
→個人と組織の共生を実現するのがねらいです。

⑤キャリア開発・形成に関する個別相談を担当すること。
キャリアコンサルタントが社員である場合には、中立的な立場で接することが大切です。

⑥キャリア健診等の企業・従業員向けキャリア形成支援ツールを率先して活用すること。
⑦セルフ・キャリアドック制度を推進すること

キャリアコンサルティングを通じて、社員の人材育成(職業能力向上)や若手社員の定着支援など、特定の社員層に関する課題の解決に結びつけることが可能ですが、行政も企業におけるキャリアコンサルティングの導入を促進する様々な施策を行っています。

「セルフ・キャリアドック」
企業がその人材育成ビジョン・方針に基づき、キャリアコンサルティング面談と多様なキャリア研修などを組み合わせて、体系的・定期的に従業員の支援を実施し、従業員の主体的なキャリア形成を促進・支援する総合的な取組み、また、そのための企業内の「仕組み」のことをいいます。
入社時や役職登用時、育児休業からの復職時など、企業ごとに効果的なタイミングでキャリアコンサルティングを受ける機会を従業員に提供することにより、従業員の職場定着や働く意義の再認識を促すといった効果が期待されるほか、企業にとっても人材育成上の課題や従業員のキャリアに対する意識の把握、ひいては生産性向上につながるといった効果が期待されます。

「グッドキャリア企業アワード」の実施
働く人が自らの能力を高め、希望するキャリアを形成していくことが重要であることから、企業が従業員の主体的なキャリア形成を積極的に支援することを広く啓発・普及することを目的として、平成24年度からキャリア支援企業表彰を実施しており、平成28年度からは呼称を「グッドキャリア企業アワード」としています。
(つづく)平林良人

-実践編・応用編

執筆者:

関連記事

キャリアコンサルタントの活動領域4―地域領域 I テクノファ

4 地域領域(地域職業相談室、わかもの、マザーズセンター等) キャリアコンサルタントの活動の領域4つめは、地域領域です。代表的なものは、公共職業安定所が設置されていない市町村数百か所に設置されているふるさとハローワーク(地域職業相談室)です。ふるさとハローワークは国と市町村が共同で運営しており、職業相談、職業紹介等を行っています。利用料等一切無料です。「わかものセンター」「マザーズセンター」として活動しているところもあります。 4.1 地域職業相談室、わかもの支援コーナー活動の代表的なものが、キャリア開発支援であり、地域(県内)で働く人及び働きたい人を応援しています。 おおむね45歳未満の若年 …

キャリアコンサルタント実践の要領 185 | テクノファ

新型コロナウイルス感染症は、私たちの生活に大きな変化を呼び起こしました。キャリアコンサルタントとしてクライアントを支援する立場でこの新型コロナがどのような状況を作り出したのか、今何が起きているのか、これからどのような世界が待っているのか、知っておく必要があります。ここでは厚生労働省の白書からキャリアコンサルタントが知っておくべき情報をお伝えします。 ②2020年度の緊急事態宣言、感染動向 【2020年4月の緊急事態宣言から解除までの動き】 2020年4月7日に、政府対策本部において、特措法第32条第1項に基づき、緊急事態宣言が発出されました。緊急事態措置を実施すべき期間は同年4月7日から同年5 …

キャリアコンサルタント実践の要領 130 | テクノファ

このコーナーは、活躍している「キャリアコンサルタント」からの近況やキャリアコンサルタントからの近況や情報などを発信いたします。今回はS.Sさんからの発信です。 よく耳にする話だが、なぜか歳を取るほど時間の流れが速く感じられるようになるという。僕は、この10月に誕生日を迎えて59歳となった。「ああ、もう50代だよ~まいったねえ」・・と言って笑っていたのがつい最近のことのように思えるのだが、あっと言う間に10年が過ぎ、いわゆる「アラ還」にさしかかろうとしている。小中学生相手の仕事をしていると、子どもたちが感じている時間と僕が実感している時間が同じではないことに気づかされる。 僕にとって一日の勤務と …

キャリアコンサルタント実践の要領 24 I テクノファ

キャリアコンサルタントの行う相談過程には6つのステップがあります。一番目のステップは「自己理解」支援です。今回はキャリアコンサルタントの行う相談の第1ステップ、自己理解の支援について説明します。「I(アイ)メッセージ」やアセスメントなどを活用して、来談者が自己理解を深めるための支援をしていきます。 ■キャリアシートや「アイ(I)メッセージ」の手法を活用 先にキャリア開発・形成における自己理解とは何かを説明しました。本人とっての「自己理解」の意味を十分に理解したうえで、実際に来談者の職業興味や価値観などを明確にし、キャリアシートなどを活用して職業経験の棚卸し、職業能力の確認、個人を取り巻く環境の …

キャリコンサルタント実践の要領 63 | テクノファ

「キャリアコンサルタント実践の要領62」に続きキャリアコンサルティング協議会の、キャリアコンサルタントの実践力強化に関する調査研究事業報告書の、スーパービジョンのモデル実施及びアンケート・実施報告書の分析の部分の、キャリアコンサルティングの効果に係るアンケート(スーパーバイジー:キャリアコンサルタント)の結果を報告します。 ③キャリアコンサルティングの効果に係るアンケート(スーパーバイザー)の結果 ③―1スーパーバイザーが指摘した課題の傾向 スーパービジョン実施報告書に記述されていたスーパーバイジー(キャリアコンサルタント)の課題について、キャリアコンサルタント向けアンケートと同じ観点に基づい …