実践編・応用編

キャリアコンサルタントの活動領域4―地域領域 I テクノファ

投稿日:

4 地域領域(地域職業相談室、わかもの、マザーズセンター等)

キャリアコンサルタントの活動の領域4つめは、地域領域です。代表的なものは、公共職業安定所が設置されていない市町村数百か所に設置されているふるさとハローワーク(地域職業相談室)です。ふるさとハローワークは国と市町村が共同で運営しており、職業相談、職業紹介等を行っています。利用料等一切無料です。「わかものセンター」「マザーズセンター」として活動しているところもあります。

4.1 地域職業相談室、わかもの支援コーナー活動の代表的なものが、キャリア開発支援であり、地域(県内)で働く人及び働きたい人を応援しています。 おおむね45歳未満の若年者、フリーター・ニートなど職業経験が浅い若しくは少ない若者、なんらかの課題を抱えている可能性のある若者(例えば、発達障害・精神障害)を対象として支援をしています。キャリアコンサルタントに期待されている役割及び機能は、当然のことですがコンサルティングの力量が高いこと、リーダーシップ、管理能力、外部組織との調整能力などがあることです。

若者の来所者数を増やすためには、地域内での広報活動が欠かせません。地域で就職者数を増やすには、キャリアコンサルティングのスキル向上が重要です。就職者数の増加は、キャリアコンサルタントの力量によるところが多く、良い評判が立つと来所者数の増加に繋がる側面もあり、キャリアコンサルタントの力量は重要です。

<成功事例>
・ 対象者は、大学卒業後10年間の無就業者であったが、10年ぶりの就職活動にも関わらず、正社員での就労を実現した。
・ 若者の意欲の高さ、それに影響を受けたキャリアコンサルタントの力の入れ方が成功の原因である。
・ 過去の振り返り、自分の課題に直面できる精神力と勇気を持ち合わせていたクライアントであり、心から血を流すような面談とトレーニングを続けた。クライアントにとって振り返りたくない過去を振り返させることにもなるため、キャリアコンサルタントにもそれなりの相応の覚悟が必要であり、1時間の面談時間の中でどれだけお互いに本気になれるのかがカギであった。

<失敗事例>
・ キャリアコンサルタントとして本格的に始動したころ、引きこもり経験のある若者のカウンセリングにおいて、自分の価値観を伝えてしまったことでクライアントを傷つけてしまい、せっかく構築しかかっていた信頼を損ねてしまった。
・ クライアントのいう事を聴けていなかったことが最大の失敗であり、キャリアコンサルタントとしてクライアントを心から尊重していなかったことが原因である。
キャリアコンサルタントは自己の価値観が正しいと思わないことが大切で、フラットな状態でクライアントの言葉を聞かなければならない。
・ クライアント自身が思う課題にキャリアコンサルタントの価値観を入れずにキチンと把握することが重要である。
・ 以上のような課題は、机上の学習ではマスターし克服することはできない。とにかくインテークを大切にして、クライアントとは簡単に信頼を構築できると思わないことも大切である。

成功事例、失敗事例を読むと、求められる能力を身につけるための経験やキャリアパス等がいかに重要か分かります。キャリアコンサルタントがどのようにして成長していくのか、キャリアコンサルティング活動開始時の経験(課題、つまずき)がどのように活きるのかも理解できます。キャリアコンサルタントの活動初期は、多分キャリアコンサルティングについてのコツがわからないまま活動しているのでしょう。キャリアコンサルタント自身が本当の目標を掴んでいないので講座に参加しても、習得した知識をスキルとして活かすことができないのではないかと思います。スキルや知識の習得とともに、実際のコンサルティング経験を並行して積んでいくことが重要であることがこれらの事例から良く理解できます。

キャリアコンサルタントのスキル向上には次のような研鑽が有効です。
・スーパービジョンへの参加
・事例検討会への参加
・外部講習にも積極的に参加
・それをもとにした現在進行形のクライア ントへの対応を工夫
以上のことは、総ての活動領域のキャリアコンサルタントに言えることです。

<地域のキャリアコンサルタントのコメント>
・ 地域職業安定機関が求める能力は自分には高いと感じるが、目標が明確であるので確実に結果を出すことで自分自身のスキルも上がり、共生が可能になると思う。
・ 客観的かつ冷静な課題の見立てをし、人間力とクライアントの感情に流されない心の強さが必要である。
・ 人には必ず「今よりもよくなりたい」という思いがあるはずなので、クライアントに出来ないことを知らしめるのではなく、出来ないこともやろうとする意欲を見出し、100%の意欲で行動できる「目標」を見せる。そのためには、自分自身の方針を確固なものとして堅持する。
キャリアコンサルタントは、その人間力、人柄、能力が信頼されることが必要
・ キャリアコンサルティングだけではない付加価値(組織運営能力、講師としてのスキル等)を身につける。
・ キャリアコンサルタントは淘汰の時代が必ずくるので、淘汰されないためにも、必要とされるためにも、自分自身の付加価値が必要である。
・ 公的機関に限らず、たとえば医療機関の復職支援、教育機関の講師など、公的機関以外でも活動できる人材になりたい。
(つづく) 平林良人

-実践編・応用編

執筆者:

関連記事

キャリアコンサルタント実践の要領 152 | テクノファ

このコーナーは、活躍しているキャリアコンサルタントからの近況や情報などを発信しております。今回はキャリアコンサルタントのS.Sさんからです。 今回は「グリーフケア」について、あれこれ考えてみた。 「グリーフ」とは、悲嘆・・深い悲しみなどを意味する言葉であり、たとえば肉親や大切な友人など、「自分にとってかけがえのない存在を失った際に生じる喪失感」を指す言葉として解釈されているようだ。 そこには、手放したくない想い 残念な気持ち 離別による大きな悲しみ、そして心にポッカリと穴が空いてしまったかに感じられる空虚感などがあり、場合によっては生きていく気力を失ってしまうことさえある。 その対象は、特に人 …

キャリアコンサルタント養成講座11 I テクノファ

今回は、職業相談の奥深さについて振り返ってみようと思います。当然ですが、職業相談に来られる方の目的は仕事の相談です。相談の目的が明瞭であれば、ご本人の意向や希望に沿ってマッチングや自己アピールの支援等を比較的順調に進めていくことができますが、このような例はごくわずかです。 相談の目的が仕事に関することであっても、具体的なビジョンが描けず、何をやっていいか分からない方が多くおります。ただし、食べていくために収入が無いのは困る、何か仕事はないでしょうかという相談から話が始まります。 インテーク(最初の面接)の中で、そのような心境状態に至った段階を理解するようにします。何をやったらよいか分からないと …

キャリアコンサルタント実践の要領 33 | テクノファ

テクノファのキャリアコンサルタント養成講座を卒業し、キャリアカウンセリングの実践で活躍しているキャリアコンサルタントの方からの近況や情報、及び実践の様子などをお伝えします。今回はS.Sさんです。 私たちは、友人に対して、または子どもに向かって、こんな言葉を投げかけてしまいがちです。 【例1】 友人・「うまくできるかなあ・・」 私・「大丈夫、大丈夫!きっとうまくいくよ!」 おそらく、あなたは相手を励ましているつもりなのでしょう。あなたはきっと、不安に見える相手に対して元気づけることが「良い行い」であると思っているがゆえに、そんな言葉を放っているのだと思います。でも、そんなあなたの想いとは裏腹に、 …

キャリアコンサルタント実践の要領 7 I テクノファ

この記事は「キャリアコンサルタント実践の要領4」に引き続きキャリアガイダンスの実践についてお話しをします。これから社会に出る高校生、大学生に向けての職業紹介から、企業に勤め今の仕事に適性を感じない人に向けてのキャリア開発・形成の支援までいろいろな実践分野があります。この領域でのキャリアコンサルティングでは、クライアントの自己実現を基本におくことが重要です。 文科省は、高校学習指導要領で「将来の生活において自己を実現する能力を育てる」などの表現を用いて、自己実現の能力の重要性を強調しています。 2.職務分析と職務調査 職務分析は、その職務の担当者、管理・監督者、あるいはその職務に詳しい人に面接を …

キャリアコンサルタント実践の要領 149 | テクノファ

新型コロナウイルス感染症は、私たちの生活に大きな変化を呼び起こしました。キャリアコンサルタントとしてクライアントを支援する立場でこの新型コロナがどのような状況を作り出したのか、今何が起きているのか、これからどのような世界が待っているのか、知っておく必要があります。ここでは厚生労働省の白書からキャリアコンサルタントが知っておくべき情報をお伝えします。これからキャリアコンサルタント養成講座を受けようとする方、キャリアコンサルタント国家試験を受けようとする方、キャリアコンサルタント技能試験にチャレンジする方にもこのキャリアコンサルタント知恵袋を読んでいただきたいと思います。 6.労働時間法制の見直し …

2022年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031