実践編・応用編

キャリアコンサルタント実践の要領 86 | テクノファ

投稿日:

このコーナーは、テクノファキャリアコンサルタント養成講座を卒業され、現在日本全国各地で活躍しているキャリアコンサルタントの方からの近況や情報などを発信しています。今回はS.Sさんからの発信です。

社会人としての自立
今回は、成長の妨げとなる「依存的傾向」について書いてみたい。「私、よく裏切られるんです」と言う人たちがいる。そして「裏切られた」と感じた彼らが、必ずと言っていいほど発する言葉が「信じていたのに・・」である。
ここでひとつ断っておくが、今日のテーマはあくまでも自己と他者との関係性について考えるきっかけを提供させて戴きたいと思っただけであり、意図的に誰かを騙そうとか欺こうといった悪意によって生じた関係の崩壊について語ろうというわけではない。
そこは誤解のないよう願いたい。
※:(「悪意」すなわち「意図的に相手を陥れようとする意識的行為」について今回は特に触れません)

さて、「相手を信じる」とは、いったいどういうことなのだろうか?「信じる」とは自分の主観に拠って選択された信念のことである。それに加えて、相手側の意向や想いを確認することなく主観的な思い込みと判断によって為される”心の中での選択”であることがほとんどであり、そこには何らかの「自分に都合のいい期待感」も含まれる。
自分勝手な選択・・つまり「信じる」ということが自己の内面だけによる自己決定的なものであるなら、もちろん「結果」についても内面的自己責任が伴うのは当然であろう。しかし、結果が想定外だった場合に限って俄かに言語化し、一方的に相手を罵ることになる。

「信じる」という言葉の意味が、「自分の思いどおりになること」、または「自分にとって好都合な希望的観測」だというのなら、それが叶わなかったときに発するべき言葉は「私としては勝手に期待していただけに残念だ」となるはずである。しかし、多くの者は「裏切られた」という言葉を吐くのである。これは相手に対する依存性に因る言動であり、「私は被害者なのだ」と言わんばかりである。
つまり、期待が落胆に変わったことによる心の痛みから防衛機制が働き、自らの動揺している気持ちをなだめるために「何か(誰か)のせい」にしようと選択責任を転嫁し、自分の不甲斐なさや悔しさを相手への怒りや憎しみに変化させるのである。

先の断わりの中にも書いたが、「相手が意図的に私を陥れようと企んだ」というのなら話は別だが、勝手に希望的観測を持った自分の勝手を棚に上げて「裏切られた」も何もないだろう。そこに在るのは、単なる甘えであり、勝手な期待であり、自分にとっての損得勘定的な依存でしかない。
このような依存的な傾向は、「相手が自分の世話を看るのはあたりまえ」という思い込みが日常的に習慣化している親子間(特に母と子の関係)で観られるのが一般的だが、
この感覚を当然のように友人にも求めたり、恋人にまで期待すれば、その者は頻繁に「裏切られ体験」を繰り返すことになろう。

よく「そんなのあなたらしくない!」などと無責任なことを言う族を見かけるが、それとて、「△△さんはこういう人に違いない」と勝手にイメージを作っていただけであり、相手はそのイメージにつき合わされる筋合いなどない。だが、現実的に社会で生きていれば、依存性の強い者によって「加害者にさせられてしまうという被害」を被る場合があることも知っておくべきだろう。

ここで、心理学者のパールズが残した「ゲシュタルトの祈り」という詩をキャリアコンサルタントのために紹介したい。
私は私のために生きる。あなたはあなたのために生きる。
私は何もあなたの期待に応えるために、この世に生きているわけじゃない。
そして、あなたも私の期待に応えるために、この世にいるわけじゃない。
私は私。あなたはあなた。
でも、偶然が私たちを出会わせるなら、それは素敵なことだ。
たとえ出会えなくても、それもまた同じように素晴らしいことだ。
(つづく)K.I

-実践編・応用編

執筆者:

関連記事

キャリアコンサルタント養成講座12 I テクノファ

生活保護受給者および生活困窮者への「就労支援」について 今回は「地方自治体やハローワーク」で行われている「生活保護受給者むけ就労支援」と「生活困窮者むけ就労支援」ついてご紹介したい、と思います。現在、我が国では様々な理由から生活保護を受けている人が200万人以上いるといわれ、その年代も60歳台が最も多く、次いで70歳台、50歳台が多くなっていて単身者が非常に多いのも特徴とされています。同様に、生活保護受給に至る前の段階の生活困窮者の数ははるかに多く具体的数は把握が困難の為か推定であっても公表されていないようです。こうした生活保護受給者、生活困窮者にはそれぞれに自立に向けた支援法が制定され、就労 …

キャリアコンサルタント実践の要領 17 I テクノファ

このシリーズではテクノファのキャリアコンサルタント養成講座を卒業された方のキャリアコンサルティング実践についてお伝えします。今回お伝えするのはキャリアカウンセラーとして活躍している「キャリアコンサルタント」のM.Iさんです。 初めまして。 キャリアコンサルタントのM.Iです。 私が住んでいるところは、砂蒸し温泉と一年で一番初めに開催される「いぶすき菜の花マラソン大会」が名物の観光地です。私は菜の花マラソンでは毎年大会ホームページの運営ボランティアとして参加しています。 先日の大会でも雨の中、スタートやゴールの様子を写真撮影し、ランナーの応援もしました。撮影しながらゴールで声をかけながら、自分で …

キャリアコンサルタント実践の要領 28 |  テクノファ

今回は、活躍しているキャリアコンサルタントからの近況や情報などを発信いたします。 私のもとには、時々2級 キャリアコンサルタント技能士取得に関する問い合わせや相談が寄せられることがあります。私の拠点である地方では、学ぶ場も、自己研鑽の場も限られているため、少しでも機会を求めて探していただいているようです。 私は、そういった方々のご希望に答える形で、少人数の小さなキャリアコンサルタント勉強会を月一回のペースで行っています。勉強会参加者は、技能検定受験者の方が多く、基礎となる知識や技能を確かめるためにも、カウンセリング理論の学習や事例検討を中心に語り合う時間を多くとっています。 前回の勉強会は技能 …

キャリコンサルタント実践の要領 60 | テクノファ

このコーナーは、テクノファキャリアコンサルタント養成講座を卒業され、現在日本全国各地で活躍しているキャリアコンサルタントの方からの近況や情報などを発信しています。今回はM.Iさんからの発信です。 企業からのキャリアコンサルタントへの相談案件の一つである【評価】を巡るものが増加傾向にあります。 主な相談内容は *評価結果がマンネリ化している *評価に対する納得感が得られない *それぞれの評価にバラつきが見られる といったことがあります。 いずれにしても、する側も、される側も、評価そのものの必要性は感じているものの、どのようにすればいいのかについて不安や迷いを感じている方が多いようです。 先日ある …

キャリアコンサルタント実践の要領 97 | テクノファ

キャリアコンサルタントが、個人あるいは個人を取り巻くもの(企業、就職支援機関、教育能力開発機関、地域、家族など)に対して適切なキャリアコンサルティングを行うには、キャリアコンサルティングに係る制度・施策、関連情報などについて最新で正確な情報を有していることが求められていますが、キャリアコンサルタントに直接係りがある制度・施策や、制度・施策を利用するためのサポート情報の他にも、キャリアコンサルタントに係りがあると思われる社会経済動向に関して、常に最新の情報を取り込むようにして、適切なキャリアコンサルティングを実施することが求められています。 今回は前回に引き続いて、キャリアコンサルタントに係ると …

2022年1月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031